最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
「ドーダ理論」って?
2007/07/31

 「一冊の本」(朝日新聞社の出版PR誌)8月号で、鹿島茂さんが新刊自著のタイトルに絡んで「ドーダ理論」について説明しています。仏文の鹿島さんですから、小生は当然「ドーダ」はフランス語(?)と思っていたのです。が、実は、理論の提唱者は東海林さだおさんだそうで、その骨子は、人間のすべての行為・表現は「ドーダ!マイッタか?」という自己愛によって解することが出来る、ということのようなんですね。「ようするに、自己愛を解読格子にすれば、解けない行為・表現はないというものです」、と鹿島さんはおっしゃっています。


 鹿島さんはこうも言っています。「結局、人間はどんなときでも自己愛にしか生きない。利他行為や自損行為もまた自己愛の一変形。自己愛を逃れるものはこの世に存在しない。そうとらえると、この理論はやはり最強なんじゃないでしょうか。ドーダ理論をより精緻化したら、まちがいなく世界最強のグランド・セオリーになると思いますね」


 書き写していて分かったような気がしたのですが、やはり、「ドーダ理論」も「理論」だからムズカシイですね。こういうときは具体的に適用してみると、分かるのかも知れませんね。たとえば、今参議院選挙後の与野党のリーダーの発言と行動に適用してみると、なるほど、なるほど。納得。マイリマシタ。そう、具体的に日本近代政治思想史に適用したのが鹿島氏の著書『ドーダの近代史』となるわけですね。


 書店さんによっては、無料で出版社のPR誌をいただけます。最近では、岩波書店の「図書ー私の三冊」(岩波文庫創刊80年記念)が面白くて嬉しい一冊でした。まだ置いてある書店もありますよ。
 
梅雨明け間近!
2007/07/26

 ここ数日の晴れ間に、百日紅のピンクが映えています。遠出をして、銚子まで走ってきました。利根川と並行する国道356号線が整備されたとはいえ、流山からは片道約3時間です。今回は仕事の合間を縫って、噂の「銚子電鉄」に乗って参りました。資金不足で、運行が危ぶまれたのはちょっと前のことですが、どっこい、シーズンもあるでしょうが一輌編成の座席は100人ぐらいの乗客で満員。心配することはないようですな。沿線は一面の玉蜀黍畑、遠くに犬吠埼灯台の上半身が見えました。


 終点は外川(とかわ)といいますが、大分昔(昭和59年)の朝の連続ドラマ「澪つくし」の舞台となったところです。坂道の向こうに海が見えて、下には外川漁港が望めます。路地が多く、白猫がのんびりと目の前を横断していく光景はハテ?どこかで見たようなデジャヴ。地元の水産会社の方が「外川ミニ郷土資料館」を無料で開いており、「万祝」(まいわい)や漁業にまつわる絵馬が飾ってありますので、寄ってみるのも一興です。外川駅の日陰のベンチにボーっと座って海風に吹かれていると別世界にいるような心地になりましたね。


 現実に戻れば、利根川沿いの書店さんも大分少なくなりました。そして現在あるお店も皆さん高齢化(失礼!こちら版元も同様なのでお許しを)。こんな営業が出来るのもあとわずかなのかも知れません。大事に行きましょう。


 PS  銚子港・第二魚市場近くで食べた「刺身定食」(800円)のカツオは旨かったです。
 
「いのち」を想う。
2007/07/20

 一週間前のこの時間は、一仕事を終えた安房・館山で湾を眺めながら昼を食していました。台風4号が接近していたとはいえ、まだ穏やかな波頭。しかし、一転するのに、大した時間はかかりませんでした。そして大きな被害。そして16日の月曜日は中越沖を震源とする大地震。多くの被害の中で、老親を亡くされた初老の息子たちの親を思うインタビュー(NHKのニュース画面)には心を打たれました。こうして、日々の平凡な暮らしが如何に綱渡りの上に成り立っているかを改めて知らされたのです。

 
 昨日(19日)のNHK・「クローズアップ現代」は超低体重児の出生を取り上げておりました。医学の進歩が救う「いのち」がテーマです。今までならこの世界に誕生することが困難だった「いのち」を授かった喜びと不安。若い母親たちが取材に懸命に応えている姿に心を打たれました。

 
 それぞれの「いのち」が孤立することのないように、と想った週でした。
Olive Diary DX Ver1.0