最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
書肆アクセスのこと。
2007/08/24

 さしもの猛暑もピークは過ぎたのではないでしょうか、夜は幾分か凌ぎ易くなった気がします。江戸川沿いを松戸方面に車を走らせたら、いつのまにか稲田が一面黄金色になっていて小さな驚きでした。季節はめぐり秋はそこまでやってきているようなのです。

 
 さて、神保町の「書肆アクセス」といえば、我々の本の販売拠点でありますが、この秋で閉店というニュースが流れています。この欄でも度々書いている通り、書店を取り巻く環境の激変から「アクセス」さえも逃れられないということでしょう。この秋の「古本まつり」を見届けて閉店のようですが、小社にとっても影響は甚大です。

 
 が、ここは感傷をひとつ書いて置きましょう。「アクセス」が現在の神保町すずらん通りに来る前は、駿河台下、明治大学の本部校舎の並びにありました。社会人なりたての小生は、福岡の出版社の雑誌への興味とか、友人が東北の田舎の出版社の雑誌の創刊に関わったりで、時々店を覗いておりました。それから時は流れました。数えてみればもう30年前のことなのであります。なんと、人生の途中からこのお店に本を納める小社で仕事をするようになるとは・・・。

 
 狭い空間に、天井近くまでビッシリと詰まった本の数々。先日、猛暑の中を訪ねて(営業のお仕事ですよ)、やはり休刊になるという三重県の出版社の雑誌「伊勢人」を買いました。「竹内浩三」の特集です。こういう雑誌を気軽に手にとって見ることが出来る場所がまた一つ消えて行くのですね。
 
これぞプロの言葉part2
2007/08/09

 松井秀喜選手の話です。こんなコラムを読みました。ヤンキース入団一年目の成績についてオーナーから批判があった。これに対して松井さんはこう言ったそうです。「生きるというのは成功を続けることじゃない。生きるというのは失敗や苦難を乗り越える力のことをいうのじゃないでしょうか」と。このコラムを書いた西村欣也記者(朝日新聞)は「優等生すぎる発言にも聞こえる。が、それが松井の本心だった。」と書いています。松井選手のこの5年間を振り返ればなるほど本心でしょう、と小生も思います。


 この松井さんの言葉を読んで、アレ、似たような文章に出会ったばかりなことに気がつきました。長谷川宏さんの新刊『高校生のための哲学入門』(ちくま新書)です。第一章の「自分と向き合う」にこんな文章がありました。

・・・不幸や失敗はゆるされぬ、ということはない。不幸や失敗はゆるされるのであり、不幸や失敗のなかで自分と向き合い、不幸や失敗の経験を通じて精神的に成長していくのが主体的に生きるということだ。(中略)不幸や失敗の経験が、自分と向き合う意識に精神の深さや洞察力の鋭さをあたえることは、決して少なくない。幸福や成功と思える局面でも、不幸や失敗と思える局面でも、同じように真摯に自分と向き合い、同じように切実に自分の生き方を模索することこそ、人間らしい生き方なのだ。・・・


 そういえば松井選手のインタビューはいつも淡々としていますな。これぞプロなのでしょうか。長谷川さんはヘーゲルの研究者として著名な方ですが、小生はお二人の言葉を強引につなげて、これから松井選手を「ヘーゲル松井」と呼びたいと思います。いやあ、それにしても連日暑いですね。お体に気をつけて下さい。
 
好評!「一刀流皆伝史」。
2007/08/07

 梅雨明け後の猛暑です。こういうときは、剣豪小説が涼味をもたらしてくれるのではないでしょうか。そして基礎知識として、千野原靖方さんの小社新刊『一刀流皆伝史』が必修かと思います。小生も最近このパターンにはまっており、「千野原皆伝史」を脇において、昔買っておいた「時代小説の楽しみ1 秘剣、豪剣、魔剣」(縄田一男編・新潮文庫)を引っ張り出しました。池波正太郎「卜伝最後の旅」・戸部新十郎「上泉伊勢守信綱」・柴田錬三郎「大峰ノ善鬼」・中山義秀「平手造酒」・司馬遼太郎「理心流異聞」などなど盛り沢山にして面白いこと限りなしです。どうぞ試していただければ、と思います。

 
Olive Diary DX Ver1.0