最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
惜別。
2007/09/12

 秋の長雨に入ったのでしょうか?天気の変化が大きく、種々の影響が出そうです。


 さて先日、写真家の清野文男さんを偲ぶ会が千葉市でありました。まだ58歳という若さで亡くなられた清野さんを惜しむ仲間の方々が多数参加されました。清野さんは、小社とは古くからのお付き合いで、ふるさと文庫の『千葉の職人たち』を出版されたのは1981年(昭和56)のことでした。立て続けに『続千葉の職人たち』、『千葉の職人たちV』をだされ、それらを基に大著『手仕事の匠たち―千葉職人紀行』(B5判)をまとめられたのは1991年(平成3)のことです。その行動力と人間性は、司馬遼太郎さんを称していわれる「人たらし」そのもので、多くの方々に愛されました。立派なご本を残していただいたことを感謝するとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。

 
新刊案内。
2007/09/05

 週末、台風9号の接近が予想されます。収穫の秋、コースが列島より逸れてくれることを祈ります。さて、久々に新刊のご案内をいたしましょう。


 書名:百句百景ーふるさとの俳句に見る風土と人
 著者:秋元大吉郎
 判型:新書判・ふるさと文庫189
 定価:1260円(本体1200円+税)
 頁 :148頁
 コード:ISBN978-4-8455-0189-2
 内容:俳名人、農名人の元流山市長の著者が、ふるさとの俳句誌に10年にわたり書き継いだ自由闊達な作品鑑賞。五七五を通して垣間見る土地と人々。ベテラン俳人が共感した市井の俳句。ひびき合う心。
 平成十年「軸」一月号より・・・
  余生など無くて黄金の稲を刈る  吉沢秀ひろ
 平明の句であり、そのものずばりである。しかし何回か口遊んでみると奥行の深さをひしひしと感ずる。吉沢さんは農耕人ではないが、今日の百姓の本音の姿と心を詠み込まれている。(中略)収穫する感動と歓喜は余生など無くてよい陶酔境である。ですからこの句からは愚痴も泣言も聞こえない。人間が人間の営みを全うする責任感と愛の昇華である。美しく老いて健やかであるかぎり生涯現役である。日本の農業はこうした人々に依って支えられている。私もそんな一人でありたい。


 9月下旬の刊行です。よろしくお願いします。
 
太東岬めぐり。
2007/08/30

 秋雨前線の南下で、季節は一転、初秋の風が吹き出しました。そんなタイミングを捉えて、外房・大原方面に出かけてまいりました。遠望する海岸に海水浴の客は既に無く、わずかにサーフィンの若者の姿のみが行く夏を惜しんでいます。この夏、震度5弱の地震に見舞われた一宮の書店さんも元気に営業をしておりました。なによりのことです。


 ところで、最近遠出をするときには少し早めに家を出ます。仕事をテキパキ(?)と片付けて、周辺の気になる所を見物するためです。こんな発想は昔は無かったなあ。というわけで、一宮では「上総一ノ宮・玉前神社」(タマサキジンジャ)に詣でました。流石に一ノ宮の風格の社殿、そして境内をとりまく槇(千葉県の県木・イヌマキ)の群生は見事でありました。過去、何度も神社の前を素通りしていたのが悔やまれますね。


 大原町(現いすみ市)に入ると気分はリゾートですね。この地域の書店は、いわば地域のコミュニティセンターも兼ねていて、当方が仕事をしている間にもいろんな方々が出入りします。お年寄り、子どもの声。しかし、ここでもテキパキ(!)と仕事を進めます。そして、気になっていた場所に立ち寄ったというわけです。

 太東岬(たいとうみさき)です。幸いに視界も良好で、左に九十九里の海岸線、右に夷隅川の河口から大原の海岸がのぞめました。初めて知りましたが灯台は戦後の設置で、戦中はこの岬に帝国海軍の電波研究所があったというのですね。対米軍機のレーダーの開発研究がなされていたというのです。わずかにその台座らしい遺構が一つ残っておりました(説明版あり)。当千葉県は首都東京の防波堤ということでしょう、本土決戦に備えたということでしょう、全県的に戦争遺構にぶつかります。思わぬ出会いに粛然といたしました。
 

 さて、もう一ヶ所立ち寄ったことを白状しなければなりません。あの「波の伊八」の欄間彫刻のある天台宗・飯縄寺(いづなでら)です。岬を下りて国道に出る手前にあります。これは迫力満点の彫刻でした。写真や本では何回か見ておりますが、あの北斎に影響を与えたといわれる本物がこれか、と思わず見惚れた次第です。



 南房総国定公園内が仕事場なのだ、と初めて(改めて?)気がついたような次第です。


 
Olive Diary DX Ver1.0