最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
3月の新刊案内です。
2007/02/23

 梅が満開です。今朝のテレビではハクモクレンの蕾も相当に膨らんでいました。この時期の雨は例年なら「芽だし雨」とか「芽吹き雨」とか言うそうですが、今年はは早くも咲いてしまいそうな花の勢いですね。さて、3月下旬予定の新刊をご案内いたします。


 *書名 佐倉牧を歩く
 *著者 青木更吉
 *判型 全書判 
 *頁  234ページ
 *定価 1575円(税込)
 *コード ISBN978-4-8455-1135-8
 *内容 江戸時代、房総には小金牧、佐倉牧、嶺岡牧があっていずれも幕府の直轄でした。そして広大な下総台地に広がっていた軍馬養成の牧が佐倉牧でした。本書は現地調査、古文書、歴史書で読み解いた画期的な房総の牧、五部作の完結編です。
 著者「まえがき」より・・・退職して野馬土手調査を始めたら『小金牧 野馬土手は泣いている』になり、『佐倉牧 続野馬土手は泣いている』に進んだ。そこで、土手から牧の歴史へ入り込み『小金牧を歩く』、『嶺岡牧を歩く』へと発展し、ようやく『佐倉牧を歩く』へ駒を進めることになった。これで、房総の牧5部作が完成することになる。牧の歴史を調べてきて、私は面白くて止められないのだから、その面白さを今度は、他人に伝えようとしている。だから、私は佐倉牧の歴史を精いっぱい楽しく読者に語ろうと思う・・・
 ご期待下さい。
 
 
新刊案内です。
2007/02/07

 暖冬のまま春が来てしまいそうですね。嬉しいような、寂しいような…。さて新刊をご紹介しましょう。フロントのページでも近刊案内としてありますが、2月下旬の刊行です。よろしくお願いします。


 *書名 幕府医師団と奥医師「青木春岱」(あおき・しゅんたい)
 *著者 青木 昇
 *判型 全書判
 *頁  124ページ
 *定価 1050円(税込)・・・こちらの定価が決定です。
 *コード ISBN978-4-8455-1134-1
 *内容 幕末期、現在の東京都足立区花畑出身の青木春岱。医師になり、しかも将軍の侍医である「奥御医師」の地位につく。森鴎外の『渋江抽斎』「その六十二」にこの春岱の名はある。医師としては当時最高の地位についた人物が郷里においてはほとんど知られていない。また当時技量抜群の流行医であったであろうことは疑いがない春岱が、何故今日かくもその事跡が隠滅してしまったのであろうか。著者の執念の追跡が始まる。


 さて、小社の茨城営業所(石岡市内にあります)のふるさと文庫『いばらき史跡史談二十七話』(定価840円)の重版が出来ました。こちらもよろしくおねがいします。
 
 
茂原から成東へ。
2007/01/18

 新春、最初の遠出に行ってきました。最初の仕事の書店さんに着くまでに3時間かかりますから、それなりの距離があります。さて、そこから順に書店回りをしながら戻るわけですが、こんな感慨を持ちます。おお、あの駅前にも書店があったのに…。おお、あの信号の角にもあったなあ…。

 というわけで、千葉県全体でも激しい書店の消滅状況を目の当たりにしておりますが、加えてここ東葛飾地域では大型書店の出店ラッシュがつづいています。半径10〜20キロ圏内に、いづれも450坪から850坪ですから全国的に見てもトップクラスの書店集積地になっているのでありましょう。出版社である小社にとっては、さても悩ましい状況です。いわば、地域のコミュニティの担い手として長年、協同してきた既存の書店さんの撤退は悲しいことです。一方で進出してくるナショナル・チェーンの大書店さんには新しい地域の共同性を創り出して欲しいと考えたりもします。うーん、それにしても、各地の地方出版社が直面している大状況の変化の中では、まだ恵まれているのかという思いもあるのではありますが…。とりあえず状況報告としましょう。
Olive Diary DX Ver1.0