最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
青木更吉先生講演会
2014/07/11

丸善津田沼店のリニューアル3周年記念イベントとして小社の著者でもある青木更吉さんの講演会が開催されますのでご案内いたします。どうぞよろしくお願いいたします。


日時:8月10日(日)午後2時〜3時
会場:丸善津田沼店・2F特設コーナー
JR津田沼駅南口出てすぐ
講師:青木更吉氏
演題:明治の開墾
ー新京成電鉄沿線の牧と新田の話ー
参加費:無料(要整理券)

青木さんは小社から『野馬土手は泣いている』に始まる「房総の牧」8部作シリーズを完結させました。そのお仕事は身近なところに残る歴史遺産の再発見に大きな貢献をしています。今回の講演では津田沼周辺の小金牧の歴史と明治維新以降の開墾地「東京新田」についてわかりやすく解説していただきます。


お問い合わせ:丸善津田沼店 :047-470-8311



 
新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/05/20

梅雨入り前の、好天が続いています。5月下旬刊行の新刊をご案内いたします。


  *書名 近世地域教育の一断面
       ー上総の郷学「至徳堂」の歴史
  *著者 三浦茂一
  *判型 A5判
  *頁  236ページ
  *定価 本体2800円+税
  *コード ISBN978-4-8455-1192-1
  *内容・・・上総国望陀郡高柳村(現・木更津市高柳)に文化十四年(一八一七)、至徳堂(金田庄黌)という郷学が開設され、一時、南総の学問・文化の一大センターと目された。
・・・五章二十節で構成された本書のテーマは、西上総地域の歴史・文化状況や至徳堂の設立理念・管理運営・中心的指導者の解明、地域(の人々)と至徳堂との関わりなど多方面にわたる。いずれの論考も至徳堂とひと・もの・こととの関連をきっちりと視野に入れた研究であるとともに、文章史料・金石文の厳密な史料批判に基づく実証的な研究である。文章は簡にして要を得た平易な表現で親しみやすく、しかも論旨明晰で説得力に富む名著である。・・・・
         本書(「序」和洋女子大学教授 関山邦宏)より


よろしくお願いします。

 
東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/28

第33回東葛出版懇話会のご案内をいたします。


*日時 平成26年5月17日(土)午後2時〜4時(受付1:30)
*会場 松戸駅東口・ニュートーキョーイベントホール
*会費 3,000円(ワンドリンク付き)
*講師 猪野健治氏(いの・けんじ 作家)
*演題 「やくざ・右翼取材事始め」


長年、日本の闇の世界に分け入り取材を重ねてきた作家・猪野健治氏に取材にかけた50年を語っていただきます。会場準備の都合のため、ご参加希望の方は事務局の崙書房出版までご連絡下さい。よろしくお願いいたします。
Olive Diary DX Ver1.0