最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
新刊案内。
2007/10/29

 晩秋の候、と書いて、しかし違和感が生ずる暖かさです。年少の頃、「日本シリーズ」と言えば木枯らし吹く寒さの記憶と一緒でありました。ドーム球場が増えて、そんな季節感は当てはまらなくなりました。衛星で送られてくる米国の「ワールドシリーズ」にかえって来るべき冬の到来を想う時代です。さて、11月下旬の新刊をご案内します。


 *書名 新編 旧水戸街道繁盛記
 *著者 山本鉱太郎
 *定価 1890円(本体1800円+税)
 *判型 全書判(新書よりほんの少し大きめ)
 *頁  380ページ
 *コード ISBN978-4-8455-1139-3
 *内容紹介:著者から―
  東海道や、中山道などの華々しい五街道の影にかくれ、あまり知られていないのが、江戸と水戸を結ぶ脇往還の水戸街道である。この水戸街道はさまざまな歴史を秘め、五街道におとらず重要な街道であった。大名たちは足繁く往来し、水戸黄門、新撰組の近藤勇や土方歳三や戊辰の役の敗残兵、俳人の小林一茶や幕末水戸藩の天狗党もこの道を通った。そうだ、こりゃ一度コースを歩いてみる必要があるな、と思った。そして一夏かけて日本橋から千住、金町、松戸、柏、我孫子、牛久、土浦、石岡と歩いてとうとう水戸まで一二〇キロを完踏した。そして平成六年八月『旧水戸街道繁盛記』上巻を上梓し、翌年下巻を出した。ただ、この上下巻は判型も大きく、四五〇ページに及ぶ、分厚い大著なので、携帯にはすこぶる不便である。そこで今回全コースを再度歩いて取材し、一冊の普及本にまとめてみた。より多くの方々に読んでいただきたいためである。街道歩きは健康にもよい。唯漫然と歩くのではなく、考えながら知的に歩く。『新編 旧水戸街道繁盛記』をおすすすめするゆえんである。


 ハンディな造りで、ルート地図も挿入。さあ、「読んでから歩くか、歩いてから読むか」。ご期待下さい。
  
 
読書の秋に。
2007/10/18

 猛暑の記憶も漸くにして薄れ、ふと見上げれば柿の実も色づいていて、嗚呼!秋なのですね(白鳥英美子か南沙織?)。


 それにしても書店さんの店仕舞いの連絡は止むことがありません。先日、地方小出版流通センターのアンテナショップ「アクセス」の閉店に伴うイベントに参加、その中で2006年の閉店数が1,104と紹介されておりました。勿論、一方で大都市部のモール型店舗への出店もあり、坪数では増えているそうですが(何か変!)、このペースで行くと、たとえば人口が10万人を切っている地方都市からは本屋さんが消えてしまうのではないでしょうか。書店で本を買うには、県庁所在地まで出かけなければなりませんぞ。


 と、そういう状況はあるものの、手にした本の面白さが減じるものではありません。久々に読んだ藤沢周平作品。『風の果て』(文春文庫版)には惹き込まれました。『蝉しぐれ』と同様に青春小説からはじまり、成長小説でもありますが、身分制を勝ち上がった主人公の「権勢」をめぐる述壊は、この夏の終わりの政変を考える一助となるものでした。政治の世界から、最も遠い位置にいると思われる作家の深い洞察…。などと読めば書いたり、話したくなるのが読書の作用(反作用)でありましょうか。
 
10月新刊案内。
2007/09/25

 雨も上がりました。中秋の名月も拝むことが出来るでしょう。ススキの穂も、彼岸花も不順な天候を乗り越えて、この時期にピークを迎えています。大したものですね。さて、新刊の案内をいたしましょう。


 *書名 常総内海の中世―地域権力と水運の展開
 *著者 千野原靖方(せんのはら・やすかた)
 *定価 3,990円(本体3,800円+税)
 *判型 A5判上製
 *頁  340ページ
 *コード ISBN978-4-8455-1138-9
 *内容 印旛沼・手賀沼から霞ヶ浦・北浦・利根川下流域は、古代・中世には太平洋に湾口を開いた大きな内海であった。本書では、この広大な内海とそれに続く河川・湖沼などの水域で展開された中世の水運及び沿岸の津々について検証する。平安末から鎌倉時代における常総在地領主層と内海との関わりや船舶の往来、利根川・太日川水系と常陸川水系・香取の海・椿海とが水路によって接続していたか否かの検討、奥州との海上交通の問題、南北朝・室町期の港湾都市の成立並びに鎌倉府との関係、常総の津々・海夫の分布と蔵本・富有人等の存在、香取社領をめぐる貞治・応安の相論、あるいは内乱期の鹿行地方、戦国期古河公方の「水の領国」、御料所群の展開と抗争、沿岸地域領主権力の物流支配や水軍の在り方、関宿城の存在意義、古河・関宿・佐倉の水上交通など―常総内海を中心に繰り広げられてきた水運の実態。当水域支配の様相を考察する。・・・・案内・チラシより

 
 千野原氏の力作、どうぞご期待下さい。10月下旬の刊行予定です。
Olive Diary DX Ver1.0