最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
師走雑感。
2007/12/04

 冬晴れの青を背景に銀杏の葉がハラハラと舞い落ち、これが「黄落」というものか、などと見とれてしまう日々です。月極のカレンダーの最後の1枚をめくり雑感を書いてみましょう。


 先日ご案内した「東葛出版懇話会」はゲストが筑摩書房社長の菊池明郎氏でした。いわゆる「倒産」から再建にいたる興味深いお話でした。厳しいリストラを経て、しかし時代の変化(土地バブルからパソコンの本格的登場を含む)を鋭く読み込んでいく姿勢に出版経営への自信を感じました。


 さて、一方で書店さんを含む出版業界の苦境は減じていない。これに関して菊池さんが二次会でお話していたドイツの出版事情は参考になるものでした。これは筆者がもう少し勉強してからでないと軽々しくは言えないのですが、正味の問題や人材の育成など業界としての総合的取り組みが桁違いのようなのです。やるべきことに手をつけずに危機意識ばかりが先行しているのではないか(これは小生の感想)、というような話です。


 閑話休題。朝日新聞の夕刊に『新聞と戦争』という連載コラムがあって、小生は切り抜きオタクになっています。主題は「新聞・メディアの戦争責任の検証」だと思いますが、現在は「政経記者たち」というタイトルです。ふと先ごろの「大連立」に登場した大新聞の主筆のことを考えました。ジャーナリズムのあり方の問題として、批判的意見が多いようですが、この連載を踏まえれば、「政経記者と政治」の関係の業、というようなものを感じます。それが吉と出るのか、凶とでるのかは解かりませんし、一概に否定も出来ないようなところもあります。ただ新聞はそういう記者たちを含んで作られているということを、読者としてはリテラシーしておきたい、と思うのです。


 読売新聞の一面に「国家権力ってすごい」という見出しがありました。なんと今話題の前次官の取材でのコメントなのです。「いつ来るか、いつ来るかって。国家権力ってこんなにすごいのかと思う。(私は)本当に無力だよ」。うーん。絶句。いろんな思いが浮かんでしまいました。たとえば、戦前、「赤紙召集」を受ける国民の発言なら解かるような気がします。しかし仮にも国家権力の行使(それも最上位で)をする立場の人間が言う言葉とは思えない。この発言記事はスクープです。そして彼が畏れるべきは検察ではなく、まずは「国民」であり、「歴史」なのではありませんか。


 というわけで、気持ち平らかに師走の所用を片付けましょう。
 
「哀愁の町」は冬晴れ。
2007/11/19

 季節の変化が見事に現れた日曜日でした。各地でさまざまな催しが行なわれたでしょうが、印西市の木下では、木下まち育て塾の主催で、川蒸気船をテーマにした講演会が開かれました。
 
 「木下」を「きおろし」と読める方は地元の人を除けば稀でしょうが、かつては利根川水運の中継基地として大変に賑わったところでした。会場で配られたレジュメには「明治の十年代、木下には14軒の旅館があり、年間約3万人もの宿泊客があったと推定できる」とありました。現在の木下を知る者としては信じられません。江戸期の繁栄を維新の開化後も川蒸気船を使って維持したのですが、鉄道網の整備、そしてトラック交通の出現がこの町を「利根川流域の著名な町の位置づけから一地方地域の町場へとその性格を大きく変容させていった」(レジュメより)のです。

 
 と書いて、しかし小生はこのような町が実は大好きなのであります。当流山も同じように時代や社会の変化を大きく受けた町でした。ちょっとわき道に入れば古い民家、商家、社寺が残っています。仕事に疲れれば、江戸川の堤(木下では利根川)に上ることが出来ます。雑木林も谷津田もまだまだ残っています。暗闇の路地には赤提灯が光る一角も見えます。まあ、いわば「哀愁」がいっぱいの町なのです。が、いまや両町とも、激変にさらされています。木下は、市南部の「千葉ニュータウン」、流山は市中央部の「おおたかの森」、いずれも新鉄道が森や林を縦断し、新しい顔を見せているのです。「哀愁」はもはや消え去りそうですが、山本鉱太郎さんの講演には100人もの聴衆が集まり、歴史の街の再発見と新たな町づくりに思いを馳せました。

 
 木枯らし1号に誘われて、会場からは遠く筑波、日光・男体、そして富士の嶺がくっきっりとシルエットを輝かしておりました。
 
「東葛出版懇話会」のご案内。
2007/11/05

 本好きの皆さんの交流の場として、21回目になります。毎回、ゲストの方をお迎えし、お話を伺い、その後、皆さんで懇親会を行なっています。どなたでもご参加いただけますが、準備の都合上、ご連絡を事務局の小社までお願いします。


 *第21回東葛出版懇話会へのお誘い*
 出版不況が実しやかに語られる昨今です。事実、読書離れが進み、本が売れない、街の書店が消えて行く、そして出版物の売上が年々低下の一途を辿っています。
 このような情勢のなかで、29年前に倒産し、見事に再建を果たした名門の出版社、筑摩書房社長・菊池明郎氏から自ら演じた「復活劇」をふまえ、これからの出版メディアへの期待を語っていただきます。
      記
 日時:平成19年11月27日(火)6:30PM
 会場:松戸駅東口・ニュートーキョーイベントホール
     コンビニサンクスの上 
 会費:7000円(領収証発行)
 講師:菊池明郎氏(筑摩書房社長)
 演題:これからの出版メディア―筑摩書房の再生の経験から
Olive Diary DX Ver1.0