最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
「日記を読む」を読む。
2008/01/08

 明けましておめでとうございます。関東は穏やかな正月でした。新春の箱根駅伝では、当地を本拠とする「中央学院大学」は思わぬ健闘、「順天堂大学」は思わぬアクシデント、と明暗を分けました。彼らは、利根川や印旛沼の周辺を走り回っているのですね。


 仕事始めの朝刊では、自費出版大手のS社の経営困難が報じられ、業界の先行き多難を暗示させました。大きく報じられることが、マイナスにスパイラルすることは、目に見えています。一面のバリューがあるものかどうか、疑問でしたが…。


 昨秋に、講談社現代新書『枢密院議長の日記』(佐野眞一著)を読んで、「日記を読む」本の面白さに目を開かれていたところ、佐倉市の書店さんから『幕末インテリジェンスー江戸留守居役日記を読む』(白石良夫著・新潮文庫)を紹介されました。年始の読書はこれに始まりましたが、佐倉藩留守居役・依田学海の「学海日録」に基づく幕末の政治状況の読み解きなのです。もともと「ちくま新書」で発行されたようですが、激動の時代も一日一日は「あーでもない、こーでもない」と続くのですね。これが踏み台になりました。朝日文庫が『遠い崖ーアーネスト・サトウ日記抄』(萩原延寿著・全14巻)を刊行し出しているのです。取りかかりました。第一巻「旅立ち」からです。読めそうなのです。コツがあるような気がします。前後の事実関係にあまりこだわらないことです。どんどん忘れていいのです。萩原氏の文章に浸るのが肝要ですね。年をとってきたからできる読書の分野に出会ったのでしょうか。楽しみが増えました。


 というわけで、今年もよろしくお願いいたします。
 
「信」を担保するもの。
2007/12/28

 年の瀬らしい寒さの中で、亥年が終ろうとしています。とにかく、時の過ぎ行く速さを痛感します。昔、沢田研二氏の「時の過ぎ行くままに」を唄っていたころが懐かしい。思えば、遠くまで来たものです。


 「不信」と、「虚偽」に明け暮れた一年でした。では、「信」と「真」を担保するものは何なのでしょうか。法律(政治)でしょうか、宗教でしょうか、教育でしょうか。勿論それらは、大事な「物件」です。しかし、この一年を顧みれば、一部ではあるでしょうが、担保するもの自体も、「不信」と「虚偽」から免れえないのが現実でした。


 どうでしょうか。「信」を担保するものは私たち自身、私たちの身の回りにあるのではないでしょうか。身近な処に、「信」と「真」を植えられないでしょうか。そんなに大仰なものでなくていいのです。家族・友人・職場・サークル・地域のなかに、日々の生活の中に、付き合いの中に、仕事の中に育んでいく。その繰り返しの中に醸成していく…。


 本を取り巻く環境の厳しさはご賢察の通りです。しかし、「信」を醸成する一翼を、もしかしたら私どもの出版も担えるかもしれない、と言うようなことを考えながら年を越したいと思います。来るべき年が読者の皆さんに良い年になりますように。そして、引き続きよろしくお願いいたします。

 
 
若い人。
2007/12/13

 地方出版の世界も世のならい通り、高齢化を免れてはいません。が、少なくとも小社は平均年齢○○歳(正確にはヒミツ♪)を誇り(?)にしているし、本を出すのに年齢なんか「そんなのカンケイナイ!」と思っているのです。


 とは言うものの、最近若い人の行動力を思い知らされました。小社を含めて、関東近県のいわゆる地方出版社・17社で「首都圏出版人懇談会」というネットワークを作っております。そのなかに宝のような若者が数人おるのですね。その彼らが、先日行なわれた神保町ブックフェスティバル(古本まつり)で出店に来られた読者の皆さんにアンケートを採ったのです。結果、なかなか参考になるデータが出たのです。


 お答えしてくれたのは145(東京在住者90)人です。一番関心のあるのは、果たして小社がどれくらいの方に知られているか?ですね。じゃーん、17人でした。本好きの方々が答えての数字ですからね。でも、いい線でしょう。そして、千葉県にお住まいの方は18人でしたが、その中で小社をご存知の方は9人。おおー、50パーセントではありませんか。有難い事です。その他、好きなテーマとか、本を購入する方法とか、色々な項目があって、最後、「来年もこの神保町ブックフェスティバルに来られる予定ですか?」には、117名の方が「はい」と答えてくれています。では、小生の結論です。まずは、この方々を大事にしていきましょう!
Olive Diary DX Ver1.0