最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
残念!「ちりとてちん」が終わってしまう。
2008/03/24

 梅が散り始めたと思うまもなく、サクラも咲き出しました。ハクモクレンとコブシはピーク。いつものことながら花は季節を忘れない。


 朝の連続ドラマというのは、これまでまともに見切れたこなどないのですが、今回の「ちりとてちん」は最後まで来てしまいました。快挙(?)といってもよいかな。落語ネタはドラマとしては当たる確率が高い、という友人もおりましたが、いやはやどうして細かいところまで行き届いた作りになっておりました。主人公が勿論大筋を歩いていくわけですが、彼女をとりまく脇役が、皆、主役になる場面が用意されていたのは心憎かったですね。
 映像的に若狭・小浜の風景が美しかったですね。悩む主人公が親友に相談するシーン。石段(これは奥のお寺に通じる)に座っていると、二人の背中をいきなり轟音とともに特急電車が通過します。迷いを断ち切られたかな。さらに、落語家を目指した主人公の出郷シーン。大阪行き列車の小浜線がおおきくカーブ。外を見ると、町のカラオケ大会に出た母親(和久井映見がいいですね)が五木ひろし氏の「ふるさと」を涙ながらに熱唱して清美(主人公・貫地谷しほり熱演)を見送るのです。多くの視聴者も泣いたことでしょう(小生だけかな?)。「ふるさと」が節目節目に上手に登場したのには、「ふるさと」ファンとしては参りましたね。
 練られたセリフ、は一部の新聞コラムでも評判でした。半ば習慣化した番組の終了は残念ですが、続編とか、舞台化なども可能な話だと思いますよ。
 
鶴見俊輔氏が来ます。
2008/03/13

 あっという間に春が訪れたという感がします。郊外の紅白の梅が今や盛りと競い合っています。
 直前のお知らせですが、京都から哲学者の鶴見俊輔氏が我孫子にやって来られます。そのラジカル度を益々強めている(と小生には思われます)氏のお話を間近に伺える滅多にないチャンスです。以下に概要をご案内いたします。

 
 *講演会「柳宗悦を我孫子で語るー「白樺」から「民藝」へー」
 *講師  鶴見俊輔(哲学者)
 *日時  2008年3月15日(土)午後2時30分(開場2時)
 *場所  けやきプラザ ふれあいホール(JR我孫子駅南口前)
      ブックフェア同時開催
 *共催  我孫子市教育委員会
      我孫子市史研究センター
 *参加費 500円

 
 以上、小社も開催協力団体ということでご案内いたしました。皆さんのお出でをお待ちしております。

 
 
新刊案内です。
2008/02/15

 立春後の寒波もようやく峠越えでしょうか。日の光が眩しくなってきました。久々に新刊のご案内をいたします。


 *書名  房州に捧げられた人 コルバン夫人
 *著者  平本紀久雄
 *定価  1050円(本体1000円+税)
 *判型  新書判・ふるさと文庫190
 *頁   128ページ
 *コード ISBN978-4-8455-0190-8
 *内容  コルバン夫人は1862年に英国・南ウェールズの小都市の裕福な弁護士の家庭に生まれた。夫のコルバン医師とともに北海道の玄関口・函館に派遣されるが、病に冒された夫のために南房総に赴く。そしてコルバン夫人は夫の亡きあと、その生涯を房州伝道に捧げた。著者は言う。「故国から遠く離れた異国の地・房州で命をかけてキリストの恵みを伝え、天に召されたコルバン夫妻の生涯に、使徒ペテロのような骨太い信仰を感じる。そして、頭でっかちで行動が伴わない私自身の信仰生活に反省を迫られている。『房州でいちばんキリストに仕えた人は?』と問われれば、私は迷わず『コルバンさん』と答える」と。・・・・・・新刊案内チラシより


 著者の平本さんには、小社より『イワシ予報官の海辺の食卓』等の著作があります。3月中旬の予定です。よろしくお願いいたします。
Olive Diary DX Ver1.0