最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
5月の新刊。
2008/04/17

 高めの気温と多めの雨のせいでしょうか、例年よりも新緑のスピードが速い気がします。雨の間隙を縫って茂原方面まで走りましたが、一面、鏡のような田んぼに出会いました。田植えの準備は万端のようでした。

 
 さて、5月予定の新刊をご案内します。


 *書名 俳句流山ーわたしの原郷
 *著者 高橋 龍
 *判型 新書判・ふるさと文庫bP91
 *頁  168頁
 *定価 1260円(本体1200円+税)
 *コード ISBN978-4-8455-0191-5
 *内容 昭和6年1月18日、高浜虚子を筆頭とする「ホトトギス」武蔵野探勝流山吟行の句会場となった料亭「矢葉喜」。「此の日の吟行参加者の中で、ひとり秋桜子は怏々として愉しまなかった」。それというのも、結果的に流山が「現代俳句史の一つの舞台」となったからである。流山における属目吟に秘められた虚子の深意、秋桜子の決意とは?俳句史の一転回点ともなった「ホトトギス」の流山吟行についてなど、現代俳句の異才が語る原郷の俳風景。

 よろしくお願いします。 
 
がんばれ!押本投手。
2008/04/14

 球春です。こんなに野球が好きだったのかしら、と思うぐらい休日は午前中に大リーグ、午後にパ・リーグ、夜に巨人−ヤクルト戦をテレビ観戦してしまいました。海の向こうでは、あの「ヘーゲル・松井」選手(2007.8.9 これぞプロの言葉partU参照)も好調でご同慶の至りですが、何より嬉しいのは今シーズン、東京ヤクルトスワローズに日本ハムから移籍した押本健彦投手が、中継ぎの要として依然無失点継続中、チームの予想外の3位に大いに貢献していることです。


 といいますのも、押本投手は小社のご近所の出身で、小生は彼の父上に毎月散髪の労を煩わせております。小一時間の野球談義は良い気晴らしになるのですね。急な移籍を心配しましたが、日本ハムでGMであった高田監督が是非とも欲しかった中継ぎだったのではないでしょうか。ここまでのヤクルトの戦いぶりをみますと、押本投手が勝利の方程式にきっちりと填め込まれているのがわかります。土曜日の巨人戦、逆転した八回裏に登板、ラミレス・阿部・李を三者凡退に討ち取ったのには思わずテレビに拍手を送ってしまいました。


 というわけで、夏になったら、本拠地の神宮球場で久々にナイター見物をしたいものだ、などと思っております。
 
『流山市史』の公開をめぐって。
2008/03/24

歴史書をめぐっては、その歴史観を含めて、多様な意見が出る。しかし今回の話は、ちょっと位相が異なる部分もある。少し旧聞に属するが『流山市史 通史編U』公開のことである。


 市の担当者が執筆者に無断で原稿の書き換えを行い、出来上がった本の公開が長らく棚上げになっていた。それがこの1月15日、市が執筆者に謝罪し、和解した上で公開になったのである。


 この市史は、まず体裁からして異相である。文字組、書体の選択など「市史」としては異様であり、単に好みの問題というわけにはいかない。活字は単に大きいだけが読みやすい、というわけではない。アクセントの無い、大きいだけの文字組は読みにくい。多くの「市史」がそれなりの型を踏んでいるのは、長い年月をかけて編集技術を磨いてきたからだろう。そしてその編集基本の無視が全体にみられるのである。たとえば「凡例」が無い。どういう基準でこの本が作られているのか不明だ。「参考文献」が無い。かなりの数の図版、表などで出典・引用の明示がなされていない。著作権尊重の時代に市の刊行物であり得る話だろうか。これらのことを含めて編集理念の欠如が今回の改ざんにつながったのではなかろうか。

 
 さて、朝日新聞千葉版(2006.10.15付)の記事によれば、内容は削除・改変が2,000ヶ所以上に及ぶという。その結果だろうか、文章の流れに違和感を覚えるところも多々あるが、ここでは報道でも取り上げられた改変の一ヶ所を指摘しておきたい。章タイトルの近代編第2章第4節「徴兵制と軍事」を第7章に独立、「憂国の陰で」としている。これは「市史」のタイトルにしては、近代史の学問的成果を無視したものであり、違和感を与えるものではないだろうか。この一番大事な内容の改ざんについては、近々、執筆者名の元原稿に依拠した本が出るので、正確を期す意味からもそちらに譲りたい。


 さて、種々問題のある本が流通してしまう状態をどう判断したらよいのだろうか。著者に謝罪、ということは、「市史」が欠陥本であるということを市が認めたからである。それを販売・供用するというところが理解に苦しむのである。この間の食品などをめぐる偽装表示などではほぼ回収処分という措置がとられた。「市史」がいわば当該市のスタンダードな歴史表記になることを考えれば、仮に著者との和解があったとはいえ、欠陥のまま出回ることに不信と不安を禁じ得ないし、何より恥ずかしい行為ではないだろうか。この国を覆う「責任をとらない」という体質が、「市史」刊行の重要性を一蹴したのである。


 

Olive Diary DX Ver1.0