最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
GWが明けて。
2008/05/07

 「新文化」紙によれば、4月1日現在、日書連加盟の書店が5969店になったという。最盛期の1986年(昭和61)には12935店あったという。「商業組合として組織が維持できるかの問題」であるという。


 この数字は、この間我々が目撃してきた現実そのものであるが、それにしても劇的な数字に改めて驚きを禁じ得ない。小社の営業でいえば、かつては(といってもわずか?10年前)網の目のように張り巡らされた書店訪問は後手に回らざるを得なかった。それが、今日では、先手が打てて(変な表現であるがニュアンスとして)、その上、時間が余るのである。というわけで、間もなく<このままの仕事>は無くなるような気がします。


 閑話休題。ついに、と言いましょうか、このGWで達成してしまいました。年初の書き込みで触れました萩原延寿さんの大著『遠い崖−アーネスト・サトウ日記抄』全14巻(朝日文庫)を読了したのあります。
 達成感は言うまでもありません。そして幕末・維新期のなんと見晴らしの良くなったことか。NHK大河ドラマ「篤姫」のよく解ること。勢い余って先日は、上野公園山下にあって長らく東・北国の出身者にとっては聖地ともいうべきレストラン「聚楽台」の閉店に立ち会い、「西郷丼」を食し、山上の西郷さんの銅像にも久闊を叙して参りました。
 著者は「あとがき」で、「読者諸氏も我慢強く読んで下さった」と書いておられますが、この文庫シリーズを読んだ者としては、「萩原さんは我慢強く書いて下さった」とただただ感謝あるのみです。
 
東葛出版懇話会へのお誘い。
2008/05/02

 5月に入り、新緑が眩しい日々です。
 本日は「東葛出版懇話会」のご案内をいたしましょう。本会は、どなたでもご参加いただけますが、会場の準備の都合上、ご希望の方は事務局の小社宛にご連絡をいただきたく思います。


    <第22回東葛出版懇話会へのお誘い>
 新緑の候、皆様、お元気にお過ごしのことと思います。
 さて、北京オリンピックの年、内外ともに激動の連続です。世界はこの先どうなるのでしょうか?今回は焦点をロシアに合わせて読み解くべくゲストをお招きいたしました。元NHKモスクワ支局長の小林和男氏です。エッセイストとしても多数の著作があります。
 女性記者の殺害、元秘密警察の変死…。ロシアは怖い国なのでしょうか?プーチン氏は「極悪非道」の大統領なのでしょうか?しかし、ではなぜ氏に80%を超える高い支持が集まるのでしょうか?探偵ポアロになった気持ちで推理を試みながら、我々の想像とは大きくかけ離れた「最新のロシアの姿」をわかりやすくお話いただきます。なお、当日小林氏の最新刊『狐と狸と大統領』(NHK出版)の販売・サイン会も行います。
       

      記
 日時:平成20年5月15日(木)6:30PM
 会場:松戸駅東口・ニュートーキョーイベントホール
       コンビニサンクスの上
 会費:7000円(領収証発行)
 講師:小林和男氏(ジャーナリスト・作新学院大学教授)
 演題:「最新ロシア事情」

 
 以上です。ご連絡をお待ちいたします。

 
続・5月の新刊案内。
2008/04/18

 新刊をもう一本ご案内いたします。


 *書名 村の記憶ー手賀沼縁りに生きて
 *著者 星野七郎
 *判型 全書判
 *頁  264頁
 *定価 1680円(本体1600円+税)
 *コード ISBN978-4-8455-1142-6
 *内容 千葉県我孫子市の手賀沼北岸の丘陵村落、湖北地区中里村とその周辺地域。北の利根川と南の沼、水田、畑、森とそこに生きる人びと。緻密な観察と「ぺーぺー言葉」を取り入れた会話によって、手賀沼縁りの人びとの織りなす四季の折節と労働の日々の回想。
 「せくな。世の中は自分一人では生きられねいだから。世の中、お互い様だ」と説く温顔で、忍耐強く、配慮深い地主経営者の父親。その篤農精神に学びつつ、六十年に及び身体ごと農業労働に打ち込んだ著者。
 水との厳しい闘いが結びつけた人びとの喜びと悲しみ。お互い助けられ、肩を寄せ合って生きてきた時代の村の記憶…。

 
 著者の星野七郎氏は1914(大正3)年生まれ。小社から『新版手賀沼周辺生活語彙』の大著を刊行しています。
Olive Diary DX Ver1.0