最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
9月です。
2008/09/01

 夏の終わりの集中豪雨が各地に被害をもたらしています。当地でも時間当たり100ミリを超える雨が降りました。当方も、走行中に積乱雲がみるみる黒雲に代わり、突風がふき、雷雨が襲来、という光景に出くわし怖い思いをいたしました。若い頃の尾根歩きでは、稲光・雷鳴がしても平気で歩いていたというのに、慎重になったものです。


 こちらも同じ感覚から来ているのでしょうか。オリンピックの「勝った・負けた」が堪えましたね。勝利の熱狂・敗北の落胆が五輪観戦(テレビですが)の面白味を奪ってしまったような気がします。いつものようにナイター中継をのんびり見られることの方に喜びを感じます。


 月刊総合誌の「現代」が年内で休刊になるそうです。「論座」の9月発売での休刊があったばかりですのに。「現代」は本誌から単行本になったものも沢山ありますから、逆読みすれば、書籍が売れないので雑誌も立ち行かなくなった、ということになるのでしょうか。


 少し明るい話も書いておきましょう。この夏に我孫子市のショッピングセンター内にある書店さんで「地元の出版社崙書房による東葛の本フェア」を開催して貰いました。これが稀に見る大好評で、『平将門』(ふるさと文庫・伊藤晃著・1050円)などは、20冊も売れてしまいました。書店さんが、場所と展示を上手に手配してくれた結果だと思います。まだまだやれそうですね。頑張りましょう。


 
 
盛夏行く。
2008/07/31

 いよいよ八月です。百日紅(サルスベリ)のピンクも凌霄花(ノウゼンカズラ)のオレンジも今を盛りの鮮やかさです。


 しかし、景気の良い話は出ませんね。ガソリンの高騰がじわじわと効いてきたのでしょうか、道路が異様に空いています。ふと気が付いたのですが、事務所向こうの高台にある市役所から「光化学スモッグ注意!」の放送が流れなくなりました。全国的にはどうなのか判りませんが、環境的にはプラス指標でしょうか。


 この7月も閉店を知らせる書店さんが途切れませんでした。さまざまな事情があるようですが、話を伺えば納得せざるを得ないところが辛いです。先日(7月21日付)の朝日新聞「私の視点」で、永江 朗氏が「あなたの街の書店を守れ」と訴えていました。評論家的立場ではない論旨に共感を覚えましたが、しかし現実はさらに悪化するばかりです。主張の一つ、「出版産業全体での利益配分の見直し」ですが、もはや出版社側にその余力はないでしょう。それは年初来のS社をめぐる再生の経過をみれば明らかです。主張の二つ、「地域のコミュニケーションの場」としての書店の再生ですが、これは転倒しているような気がします。つまり、これまで街の書店は十分にその役割を果たしてきたのです。小生はこの間地域の人々の「たまり場」としての書店をたくさん目撃してきました。そして、その役割の終焉が今日の事態だろうと思います。身も蓋もない言い方になってしまいましたが、このあまりに根底的な変化を見誤りたくはない、と思っています。


 新刊『産鉄族オオ氏ー新編・東国の古代』が好評です。この本に刺激されまして、昨日営業の道すがら芝山古墳群の国指定史跡・「殿塚・姫塚」の前方後円墳を尋ねました。人っ子一人いない林の中に眠る古代の墓と一緒に盛夏の風に吹かれてきたというわけです。ぜひお手にとってみて下さい。
 
夏の賑わいの前に。
2008/07/10

 間もなく梅雨が明けそうな空気の変化が感じられる。猛暑の予想もあるそうだ。そんなタイミングを測りながら、先月末には、館山へ。そして昨日は鴨川へと出かけてきた。海の家の準備も整っているようだが、しかし、閑散とした観光地の光景は隠しようもない。ガソリンの高騰も影響があるようだ。


 数少なくなってしまった房総の書店さんだが、それぞれ工夫をこらしてくれていた。「千葉の本」のコーナーをレジ脇に作ってくれたK書店では品揃えを広げて、観光客と思われる読者を増やしてくれた。6月初旬に伺った匝瑳市のT書店さんでは「ふれあいセンター」にコーナーを持ち、細かく在庫をチェックし注文を出してくれる。周辺を見渡せば、読者は地元の人だけではなさそうだ。地域によっては、外部から訪れる読者へのサービスが鍵になるということだろうか。


 売り上げを確保していただいている書店さんには当然のことだが理由がある。まずは我々の本に興味をもって貰えることが前提だが、その上で継続して面倒をみていただけるかが鍵だ。地味(地域の味のする)な一冊の本を売るという行為に価値を見いだして貰えなければ我々の本は生み出されない。これまで小さな出版社がなんとか持続してこれたということは、その価値を共有してくれた多くの書店と書店員がいたということだ。たとえそれが今崩れかけようとしているとはいえ、感謝の気持ちは忘れまい。


 

Olive Diary DX Ver1.0