最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
小春日和。
2008/11/13

 久々に絵に描いたような好天になりました。遠くに富士山が拝めたのも久しぶりです。そんなわけで「富士山」に登ってきました。正確に言えば、会社の近所にある浅間神社、社殿後ろにある「富士塚」でありました。

 
 思い立ったのは天気ばかりが理由ではありません。前回ご案内した東葛出版懇話会で林えり子先生から「なるほど」というお話を伺ったからです。富士塚は「冨士講」とつながります。そして江戸期の「講」は集会の原点である、という話になっていくのですね。元々は「構」で、建築用語からきており、人と人とが重なり合い、手をつなぐ状態を意味するとのことですね。「講」の基本は「三脱の教え」で、年齢や職場や家を問わない集まりなのだそうです。というような、お話が山ほどありました。今なお、幕末維新期の江戸庶民の気風を引き継いでおられ、小気味の良い講演でありました。

 
 流山の富士塚は、溶岩で作られ、「一合目」とか「三合目」とかの石が所々にあり、頂上には「富士浅間大神」の大きな碑が建っています。現在はマンションなどに遮られて、富士山は見えない(今朝は気温の上昇で確認できませんでした)ようですが、今でも当地の庶民は「講」の原義通り、ここに登り身を浄めているのでしょう。神社の境内もきれいに保たれております。一度、登って見て下さい。


 閑話休題。「政治は言葉」などと言いますが、最近の状況では黙って仕事をしていただくのが一番、だと思います。人品骨柄が次々と明らかになって行きます。(「小春日和」を、穏やかな三月の本日のような天気、だと思っていた男より)
 
「東葛出版懇話会」のご案内。
2008/10/29

 深まる秋ですが、何か重苦しいのは「金融危機」が背景にあるからでしょうか?「投資」とは縁のない身ながら、過激化する「資本主義」の勉強をさせられる日々です。


 さて本題です。
 第23回目を迎えた「東葛出版懇話会」のお知らせをいたします。

 日時:11月11日(火)6:30PM
 会場:松戸駅東口駅前すぐ・ニュートーキョーイベントホール
 会費:7000円(領収証発行)
 講師:林えりこ氏(作家)
 演題:江戸のあれこれ

 講師の林さんはご自身十四代目の江戸っ子で、『生きている江戸言葉』『東京っ子ことば抄』など江戸や東京をモチーフにした作品を書かれ、『川柳人・川上三太郎』では第十一回の大衆文学研究賞を受賞、時には川柳の選者もつとめられます。歯切れの良い語り口も魅力の一つです。当日は「江戸のあれこれ」と題してお話をしていただきます。

 
 ご参加希望の方は、事務局の小社までご一報下されば有難く思います。
 
10月の新刊案内。
2008/10/01

 台風は逸れてくれたようですが、なかなか秋晴れを拝めません。今回は10月の新刊をお知らせいたします。

 
 *書名 房総の伝説民話紀行
 *著者 さいとう・はるき
 *判型 全書判
 *頁  196ページ
 *定価 1575円(1500円+税)
 *コード ISBN978-4-8455-1145-7
 *内容 イラストレーターでもある著者が房総全域の伝説・民話の現場を絵と文で辿ります。「源頼朝編」、「平将門編」、「壬申の乱編」、「ヤマトタケル編」、「安房里見氏編」、「弘法大師編」、「日蓮聖人編」、「下総の伝説民話」、「上総・安房の伝説民話」が収録されています。朝日新聞千葉版に平成18年6月から20年3月まで連載されたものの単行本化ですが、著者のユーモア溢れる文章と心温まる絵をお楽しみ下さい。10月中旬の刊行です。
Olive Diary DX Ver1.0