最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
佐々木丸美って?
2007/04/02

 ご存知でしょうか?筆者は全く知りませんでしたが、勿論、作家。ミステリーなどを書かれてるようですが、知る人ぞ知る「伝説の作家」だそうです。たまたま「新文化」紙を見ていたら、日頃お世話になっている書店員さんが出ているではありませんか。良文堂書店流山店のIさんです。記事を読んでビックリ。絶版になって「消息不明」ともいわれた佐々木さんの復刊に「マルミスト」(熱烈なファンということでしょう)として積極的に関わっていたのですね。記事に拠れば、Iさんは「佐々木さんの作品を売るために書店員になった」ほどだし、良文堂に入社したときに「さあこれでフェアができる」と思ったそうです。
 というわけで、さっそく確かめに行って参りました。間違いなく、「マルミスト」。青春の出会いがまさに人生を決めたようなお話でした。早速、コーナーを拝見し、男性の初読者にはということで『崖の館』(東京創元社・文庫判・本体648円)を薦めて貰いました。挑戦してみましょう。


 Iさんに限らないのです。小社の本を置いて貰っている書店さんには優れた「本読み書店員」が沢山いらして、「酒飲み書店員の会」というのもあるそうです。集英社文庫・創刊30周年記年号「青春と読書」誌ではその仕掛け人達が、「大いに語」っています。いやはや、小生が読んでない本ばかりで、大変な読書ぶりです(質量ともに)。それはさておき、本離れを嘆くよりも、何よりもかくのごとき「本好き書店員」が店頭を活気づけ、読者を呼ぶ(呼び戻す)引き金になるのだと思いますよ。楽しみが増えました。 
 
 
吉村昭氏と城山三郎氏。
2007/03/28

 桜が一日一日華やぎを増しております。今年も見ることが出来ましたが、桜花に誘われて、お二人のことを少し書いてみたい気になりました。

 お二人の存在は、文章の世界に何か「信頼」のようなものをもたらしておりました。「文は人なり」などと古風な言葉を想起させるのです。その風貌はもちろん、読みかつ漏れ伝え聞く言動が「信頼」の源なのです。たとえば、「小説新潮」4月号は「吉村昭 矜持ある人生」を特集しています。その中で、夫人の津村節子氏がこんなエピソードを紹介しています。荒川区が吉村氏の文学館の話を氏が健在の時に申し出たそうです。それに対して、氏は「維持管理も大変で人件費もかかるから、荒川区民の方たちにそういう財政負担をかけるのはとんでもないことだと、かたくご辞退した」というのです。もう一つ紹介させて下さい。遺稿集とも言うべき「死顔」を読んでいましたらこんな場面に出会いました。次兄の葬儀と自分を世に出してくれた編集者の葬儀が重なるのです。すると、兄の葬儀は昼には終わる、編集者の葬儀は午後からだ、ということで疲れた身体をものともせず北鎌倉まで出かけるのです。それは役者が親の死に目に会えないのと同じくらい大事なことなのだ、と書くのです。

 城山さんにも同じような場面が沢山あったのではないでしょうか。自己顕示ではなく、自己抑制から来る文章。そのことが限りない信頼を小生にもたらしてくれたような気がします。

 
街が変わる、変わる。
2007/03/16

 冬が戻って来たのでしょうか、一片の初雪を仰いだ朝でした。
 さて、以前にも触れましたが、先日、当地域3つ目の大型ショッピングセンターが開業。わずか4,5キロの圏内で覇を競う状態になっています。驚きがホップ・ステップ・ジャンプする一年でありました。当然のように各SPC内には書店さんが入り、いずれも当地域では今まで考えられなかった広さになっています。


 果たしてどうなるのでありましょうか?などと書き出しますと後ろ向きの思考が湧いてきますので、今回はやめましょう。とても前向きに有難い話です。つくばエクスプレス・流山おおたかの森駅前に開業したショッピングセンターには紀伊国屋書店さんがなんと930坪で出店しています。必見の、最先端のお店のつくりと言えましょうか。郷土・地域の本のコーナーも充実しており、小社の本も何と、100点、300冊以上並んでおります。このコーナーには、お客さまから賞賛のお声もあったのことで、小社の本との新しい出会いの場になれば嬉しい限りです。是非お出かけ下さい。変わる街とうまく共生できれば、と思います。




Olive Diary DX Ver1.0