最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
アミューズメントとエンターテインメント。
2009/01/19

 出版労連の機関紙(2009.1.12付 第1419号)では、「出版界を元気にしたい!」というタイトルのシンポジウムを紙上再録しています。組合員以外でも手に入れることができる新聞でしょう。一読の価値があると思いますよ。なかで佐野眞一氏が本にまつわる体験として、上記の2種類の言葉をあげています。片方のアミューズメントとは「暇つぶし」としての本、もう一方のエンターテインメントとは「没入する、われを忘れて読み耽られるもの」としての本というわけです。勿論、前者を全否定するわけではありませんが、「本の本流はエンターテインメントであるべき」と発言しています。


 まったく偶然のことながら、先週は同じテーマを扱ったテレビ番組を見ました。14日の日本テレビドキュメンタリードラマ「東大落城・・・」と17日のNHK「アーカイブス 安田講堂落城 あの日から40年・・・」です。そう、[1969年の安田講堂」から40年が経っていたのです。私はまったくその認識がありませんでしたので、このテーマに挑んだテレビ局には敬意を表します。その上で、中身は、まさに前述の二面性が二つの番組に対照的に現れた、と感じました。一方には苛立ち(まったく時間がもったいなかった!という思い)、そしてもう一方には深い感動(あれから40年、この人たちは見事に生きてきた!、という思いにさせられた)。


 なるほど、活字と映像のメディア(表現媒体)の違いはあっても、表現されたものの中身が結果としてアミューズメントとエンターテインメントに分かれ、そしてその違いは歴然としていると思った所です。
 
京成佐倉駅前・まき書房・・・
2009/01/13

といえば「駅前書店」の代表のようなお店でありました。過去形になってしまったのは昨年末で店仕舞いしたからなのです。地域の多くの善男善女に愛されたお店の、惜しまれての閉店でありました。

 
 お店の一等良い場所を地域で出版活動をしている人たちに開放し(その恩恵は小社が一番受けたかな)、いわば地域コミュニティのセンターのようでもあり、近年、あちこちの大地震の発生時には募金箱も置かれていましたっけ。店の規模に比して、岩波の文庫と新書が異様に(?失礼)大きなスペースを占めていたのは店主の世代を慮ると判るような気がいたします(勿論、そういう読者が多数いらしたというのが前提の話ですが)。

 
 店主ご夫妻が結婚された年に始めたお店は34年になったそうです。小社は創業者以来、まさに同じ年数お世話になったわけでして、個性ある店主のいる、ユニークな書店が次々と消えていく状況の中で、とりわけ感慨深いものがあります。まだまだお元気なお二人、その行動力を新たな世界でまた発揮していただきたいと思うものです。

 


 
 
「歴史」がキーワード。
2009/01/05

 新年明けましておめでとうございます。
 関東は天気穏やかな年末年始でしたが、なにか底深いところに穏やかならざるものがうごめいているような気分からは自由になれませんでした。


 讀賣新聞では「9の年は変動の年」として、年表を見出しにしておりました。なるほど、1909年は伊藤博文の暗殺、1929年は世界恐慌、1939年は第二次世界大戦の勃発、1949年は新中国の成立、1969年は人類月面着陸、1989年は天安門事件などなど。勿論時々刻々、世界は動いているのでとりわけ「9」の年が特別というわけでもないのでしょうが、昨秋からの激変が、この数字のリアリティを際だたせているとしても不思議はありません。


 そして年表的歴史の側面だけではなく、「歴史」が混迷の世界を切り開くキーワードになるような気がするのは小生だけではないでしょう。つまり、押し頂く歴史ではなく、歴史から何を読み取り、何を考え、何をまなび、どのような未来を構築するか、という側面においてです。


 と柄にもないことを書いてしまいましたが、要するにここは出版・本の出番である、ということを言いたいのですね。膨大なその蓄積を右往左往する世界のために読み・使っていただきたい、と思うのです。


 年末の家の片づけで加藤周一氏の『羊の歌ーわが回想』(岩波新書・1968年)が出て来ました。ほぼ40年目にして初めて頁をくくられた黄ばんだ本には、大正から昭和初期、そして敗戦に到る社会の変化が独特の色調・音色で描かれておりました。その勢いで、今日の仕事始めで回った書店さんでE・H・カーの『歴史とは何か』を購入したのは当然の成り行きでありましょう(これも買ってあったはずなのに出て来ませんでしたゆえ)。




 では本年もよろしくお願いいたします。
Olive Diary DX Ver1.0