最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
東葛出版懇話会へのお誘い。
2009/06/12

 第24回目になる東葛出版懇話会のご案内をいたします(「お誘い」レジュメより)


 昨今、金融危機から新型ウイルス騒動と、先行き不安な様相です。さて、例会のご案内です。今回は『ケルト/装飾的思考』でケルト・ブームの火付け役を担った多摩美術大学教授・鶴岡真弓先生よりご講演をいただきます。ヨーロッパ文化史への関心が高まっているなか、鶴岡先生による研究成果はユーラシア文明の「装飾・デザイン」交流史に及んでおります。また、最近の「国宝阿修羅展」(東博)に関連して、新刊『阿修羅のジュエリー』を刊行し、話題になりました。一方、映画「地球交響曲」ではアイルランドの歌姫エンヤと共演されております。当日、アイルランド関係のDVD映像の上映も予定しております。ケルト文化に浸る素敵な夕べになるのではないでしょうか。大勢の方のご参加をお待ちしております。
       記
 *日時:平成21年7月8日(水)6:30PM
 *会場:柏駅東口 スタジオ・ウー
 *会費:7000円(領収証発行)
 *講師:鶴岡真弓氏(多摩美術大学教授)
 *演題:「ケルトの歴史と文化ーヨーロッパの源流を求めて」
  

会場の準備の都合上、事前の予約が必要です。事務局の小社までお問い合わせ下さい。よろしくお願いします。
 
新刊案内です。
2009/06/08

 立葵、夾竹桃も咲き出しました。夏はそこまで来ているということでしょうか。当地の紫陽花の名所、本土寺周辺も賑わい始めています。
 さて、7月上旬予定の新刊をご紹介いたします。


 *書名 幕末の大風(ばくまつのおおかぜ)
 *副題 慶応四年幕府海軍帆船美賀保丸一件と白虎隊
 *著者 山形 紘
 *判型 新書判・ふるさと文庫192
 *頁  200ページ
 *定価 1365円(本体1300円+税)
 *コード ISBN978-4-8455-0192-2
 *内容 慶応四年八月に榎本武揚の指揮する江戸からの脱走艦隊の一隻「美賀保丸(みかほまる」は、おりからの大風に遭遇し、銚子黒生浦で、座礁、転覆した。ちょうどその頃、会津藩白虎隊士たちは死を賭して飯盛山山中を彷徨っていた。自然の猛威が幕末史にもたらした一面を各種資料によるシュミレーションを通して探る。併せて、美賀保丸遭難の五ヶ月後、外房勝浦沖で発生した類似の海難事故「ハーマン号事件」の資料を附す。


 以上です。よろしくお願いいたします。
 
水無月のころ・・・。
2009/06/01

 走り梅雨のような天気が続き、栗の花の濃い匂いが漂い、紫陽花も少し色がつき始めました。あれほど騒いだ「新型インフルエンザ」もニュースの片隅に追いやられています。これは私たちがウイルスとの「共存」を学習したから、あるいは覚悟したからなのでしょうか?いえいえ、そうではありません。熱しやすく冷めやすい我れらが「文化」が発現しただけなのです。


 日経新聞の日曜日の社会面に「社会人」という連載記事があります。足が地に着いた記事とはこういうものでしょうか。世の中はこういう人たちが支えているんだ、という思いにさせられます。今週(第39話)は、「次代へ継ぐ2 古文書返却 終わらぬ旅」でした。このタイトルで網野善彦氏を思い浮かべる人は相当なものです(?)。網野氏は1999年に中公新書で『
古文書返却の旅』という本を書かれています。そして今回の記事は、網野氏の遺志をを継がれた神奈川大学日本常民文化研究所の研究員の方の現在の仕事を伝えるのもなのですね。この記事を読むと、「信頼」とはどのように築かれるものかが良く分かります。なお残る約四百件の古文書が丁寧に解読され、目録を作成、持ち主に返却される、という作業が今も続いているのだそうです。また、今日も生きる元気が出て来ました。
Olive Diary DX Ver1.0