最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
百日紅が映えています。
2009/08/20

 高校野球も終盤、もう晩夏というのでしょうが、青空にピンクの花が今を盛りと咲き誇っています。さて、9月の新刊をもう一本ご紹介いたしましょう。


 *書名 旬・菜・記 千葉はうまい
 *著者 高山修一
 *定価 1260円(本体1200円+税)
 *判型 新書判(ふるさと文庫bP93)
 *頁  160頁
 *コード ISBN978-4-8455-0193-9
 *紹介 朝日新聞の千葉版に06〜09年に好評連載された「旬・菜・記」の単行本化です。「食といえばフランス。フランスといえばプロバンスが頭に浮かぶが千葉にないのはワインぐらい。誰もいわないけど実は房総の方がはるかに幅広く奥深い食材の宝庫で、素材の実力では世界一豊かなのは千葉ではないか」(あとがき・より)と豪語する著者の取り上げた食材は100超。県内各地に食材を索め、自身で包丁を握り、その味を確かめる著者の文章に思わずゴクリ。「文芸」のスパイスの効いた洒脱な文章とともに「千葉はうまい!」を味わっていただきたく思います。9月下旬の刊行予定です。よろしくお願いします。
 
遅ればせながら「夏」です。
2009/08/12

 長い長い「梅雨」が続いた、という印象です。今朝、小さなイガグリを路上に見つけて、改めて立秋が来ていることを思い出しました。国道沿いのススキも穂が出始めました。それにしても各地の豪雨被害は大変なことで、静岡の地震災害も含めてお見舞い申し上げます。


 さて、9月の新刊をご案内いたします。

 
 *書名 漱石の夏休み帳
 *著者 関 宏夫
 *定価 2100円(本体2000円+税)
 *判型 四六判
 *頁  264頁
 *コード ISBN978-4-8455-1152-5
 *紹介 明治25年(1888)夏、夏目漱石は房総を訪れて房総漢文紀行『木屑録(ぼくせつろく)』を書いた。このとき、漱石は第一高等中学校の学生で、同級生の正岡子規とは「おれとおまえ」の仲であった。漱石が房総に旅にでたのは、子規が前年の夏に書いた墨江僑居記『七草集』を読んでからである。漱石は『七草集』によって一旦は放擲した漢学の世界に火がつき、一つの作品をまとめたいと考えた。そのための舞台がたまたま房総旅行となったのである。正岡子規は『木屑録』を一読三嘆、漱石の文筆の手腕は千万年にひとりだ、と讃えた。『七草集』も『木屑録』も第一高等中学校の夏休みに書かれたいわば「夏休み帳」である。これを交換し批評しあうことによって、ふたりの絆は一層強くなった。のちのち、漱石はこのときの房総での印象を『こころ』を始めとする小説の舞台にたびたび取り上げている。子規も房総紀行の記憶をたぐって、その地名を読み込んだ句を数多く遺している。房総は漱石と子規の青春まっ盛りの地であった。・・・著者「はしがき」より


 どうぞご期待下さい。
 
新刊案内です。
2009/07/02

 梅雨本番という日々です。その間隙をぬって鴨川方面へ行って来ました。袖ヶ浦・姉崎インターを降りて、久留里街道に入ると緑深き房総の山々が迫ります。雨と霧の鴨川有料道路の登りは深山幽谷の趣がありました。今回ご案内する新刊は、そんな房総の山々に分け入って数々の滝をめぐったご夫婦の著作です。こんなにも数が多く、また「立派な滝」に出会えるとは驚きの一冊です。カラー頁でその迫力ある房総の滝をお楽しみ下さい。そして是非出かけて見て下さい。


 *書名 ちば滝めぐり
 *著者 う沢喜久雄・鵜沢幸子
 *定価 2100円(本体2000円+税)
 *判型 A5判 
 *頁  208頁(うちカラー32頁)
 *コード ISBN978-4-8455-1151-8
 *内容 夷隅川水系、養老川水系、湊川・小糸川・小櫃川水系、一宮川・南亀川水系など房総全域、総数94に及ぶ<ちば滝さがしの旅>

 7月下旬の発行です。よろしくお願いします。
Olive Diary DX Ver1.0