最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
新刊案内。
2009/11/11

 立冬も過ぎましたが、暖かい11月です。子供の頃の記憶では、「日本シリーズ」の頃といえば、北風が吹き、冬がそこまで来ているという印象でしたが、今や野球もドームでの開催、だいぶ季節感が失われてしまいました。さて、今月下旬刊の新刊をご紹介いたします。


 *書名 慶応四年新撰組隊士伝ー下総流山に転機を迎えた男たち
 *著者 あさくら・ゆう
 *判型 新書判・ふるさと文庫194
 *頁  188ページ
 *定価 1260円(本体1200円+税)
 *コード ISBN978-4-8455-0194-6
 *内容紹介(「はじめに」より) 前著(『慶応四年新撰組近藤勇始末』)の近藤勇の人生も波瀾万丈だったが、ほかの隊士についても当然、波瀾万丈だった。なかにはマイナーでご存知のない隊士もいると思うが、「慶応四年の新撰組での活躍」ということを主眼に置いているため、今回はこの人選にした。これらの隊士のことを書くにあたり、日本各地から集めた史料をふんだんに使った。ただ、全般的には新撰組のことよりは前半生やその後を通した人生に力点を置いた。つまり、新撰組以前に培ったその人生こそが新撰組の情熱となるからだ。「新撰組隊士としての六人」というより、「裸にした六人」の人生を読んでいただきたい。・・・・・・とりあげられた六人とは、@土方歳三A島田魁BC市村兄弟D近藤隼雄E安富才輔。跋文に山形紘氏の「『慶応四年新撰組隊士伝』の衝撃」を収録しています。

 
 以上、よろしくお願いします。

 
東葛出版懇話会のお知らせ。
2009/10/14

 秋が深まって行きます。昨日は、大原から一宮方面の営業に出ましたが、道々、ススキの銀色が風に揺られ陽に輝いておりました。この秋は話題の本が多く(勿論、小社刊行の)、千葉版各紙にも紹介が続き営業もやりがいがあるというところです。さて、第25回を迎える「東葛出版懇話会」のご案内をいたします。


 紅葉の美しい季節、京都や奈良へ出掛ける方もいらっしゃるでしょう。そこに展示されている伝統ある文化財、幾星霜を経た文化財には雅やかな表面ばかりでなく、虫喰いの穴や、黒や狐色のしみなどが見られます。そのような文化財の保存や修復には長年の研究が積み重ねられていますが、今回はしみやカビの正体をつきとめ、保存や修復に40年のキャリアを持つ東京文化財研究所名誉研究員の新井英夫氏にお話いただきます。姫路城のしっくい壁の黒変と一般家庭のお風呂場のカビとの関連、私たちの所蔵する書籍に発生する褐色斑点などの原因とそのメカニズムの解明など、興味深いお話が伺えるかと思います

 *日時 平成21年11月13日(金)6:30〜
 *会場 柏駅東口 スタジオ・ウー
 *会費 7,000円(領収証発行)
 *講師 新井英夫氏(東京文化財研究所名誉研究員)
 *演題 「文化財とカビ」

 以上です。当日は、講演の後、懇親会(本のくじ引きなどもあります)を行います。当会はどなたでもご参加いただけますが、会場の準備の都合上、事前の予約が必要です。ご興味のある方は、小社までご連絡下さい。
 
行く夏に。
2009/08/26

 秋風が吹き始め、利根川沿いの稲田も遠目に色づき出しています。不順な夏も終わりそうです。そして4年ぶりの総選挙を迎えます。


 どうでしょうか、4年前の「熱狂」に較べれば「政権交代」が噂されているにもかかわらず、「静穏」な印象を受けます。関心が高いにも関わらず、ということであれば我々が前回の選挙から何か学んだものがあったからでしょうか?


 選挙時、恒例の記事に「党首がゆく」があります。朝日新聞の8月25日付け夕刊では「国民新党 綿貫民輔代表」を取り上げていました。読ませる記事でした。それは私が、この党を支持している、いないとかの問題では勿論無く、この四年間の社会の変貌を綿貫代表を通して、簡潔に表現していたからです。様々な考えや意見がある中で、今なお「郵政民営化」の問題を争点に戦う老政治家を、その政治的信念、という一点において「尊敬」という範疇に入れて置きたいと思います。


 小選挙区制度という中で、二者択一、二極分化を強いられています。私の関心は、唯一「少数意見」はどうなるのか、です。あれかこれかで大事な問題がなおざりにされないよう、個々の選良の政治家としての見識が来週から問われるのだ、と思います。
Olive Diary DX Ver1.0