最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
新刊案内です。
2010/01/29

 新年、最初の本を紹介いたします。


 *書名 朝鮮の千葉村物語
       ー房総から渡った明治の漁民たち
 *著者 石垣幸子
 *定価 1260円(本体1200円+税)
 *判型 新書判・ふるさと文庫195
 *頁  130ページ
 *コード ISBN978-4-8455-0195-3
 *内容 日本が日清戦争、日露戦争へと泥沼の道を歩んでいった頃、九十九里沿岸はイワシの不漁に喘いでいた。そんな日露戦争の最中に、九十九里などの房総の漁民を朝鮮へ移住させ、釜山近くの馬山近郊に千葉村が形成されたのである。閑古鳥の鳴く浜を後にして、漁民たちは家族ぐるみ新天地へと旅立っていった。漁民たちに続いて水産組合から推されて渡っていった鈴木松五郎監督のもと、千葉村は明るく活気が溢れていた。
 その後、鈴木監督が何者かによって殺害されたのである。朝鮮併合直前、抗日闘争激化の中、千葉村の住民たちの置かれた位置は不安定なものであった。この事件の後、千葉村は衰退の一途をたどる。県はこの事業を失敗に終わったと済ましているが、日露戦争という大きなうねりのなかに翻弄された漁民たちはその後、どのように生きたのであろうか。太平洋戦争を挟んだ百年の歳月はこの問題を歴史の中に埋もれさせようとしている。・・・・本書「はじめに」より


 本は出来上がっております。よろしくお願いします。
 
大きな節目の年。
2010/01/29

 時の過ぎゆくことの速いこと。来週は立春です。遅ればせながら、「今年もよろしくお願いします!」(まだ1月中ということで、お許し下さい)。


 さて、年が明けてから、気のせいか「出版」に関わるニュースが多いような気がします。予想されたことですが、09年度の業界売上が2兆円を割った、ということに起因しているでしょうか。先日の新聞には、「書店が半減した県も」という見出しがありました。いずれも日々実感している事態ですので、改めて驚くことでもないのですが、深刻なのはこの状況が先行き不透明、底なしである、というところにあるのではないでしょうか。まあ、あまり悲観的なことは書かないようにしましょう。


 もうひとつは「電子書籍」の本格化、ということでしょうか。読書端末が昨年来、次々と登場。一気にハードの普及からコンテンツ売上の激増に繋がるのでしょうか。その大きな節目の年になるのでしょうか?と、ここも一知半解の我が身。問いかけのみにしておきましょう。いずれにしても、大きな転換点、浮き足立たず粛々と(今は昔の某政党領袖の口癖でしたが)仕事をいたします。
 
良いお年をお迎え下さい。
2009/12/25

 関東は暖冬気配から寒気団の南下、そしてまた暖かな気温へと、穏やかな年越しになりそうです。それにしても先が読みにくい状況は天候だけではありません。「政権交代」も期待とは裏腹にメッキが剥げそうですし、なにより我々の書籍・出版を取り巻く状況は不透明限りありません。


 そうはいうものの、この一年を振り返れば、当ホームページのフロント新刊案内をご覧いただけばわかるように、今年ほど多種多様な本を出せたことは無かったような気がします。お陰様で読者の皆さんの強いご支持もいただきました。ただ繰り返しになりますが、本を取り巻く環境の厳しさのなかで、初版部数の絞り込み、重版の困難ということで一部に品切れになるものもありご迷惑をおかけしました。これからは部数設定の的確さが求められていると思っています。


 ということで一年一年が正念場、という環境になっていますが、余裕と脱力も大切な要素です。新年も皆さんに読んで頂けるような本の出版をめざします。引き続きよろしくお願い致します。
Olive Diary DX Ver1.0