最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
新刊です。
2010/04/12

4月に入っても不順な天候がつづきます。農作物の成育が心配ですね。さて新刊をご紹介します。


 *書名 「ナリタ」の物語―1978年開港から
 *著者 大和田武士・鹿野幹男
 *定価 1,260円(本体1,200円+税)
 *判型 新書判・ふるさと文庫196
 *頁  160ページ
 *コード ISBN978-4-8455-0196-0
 *内容 この本は成田開港30周年にあたる2008年、朝日新聞千葉版に掲載した「30年の物語」をもとに加筆したものである。当時は言えなくても30年以上たったからこそ話せる思いやエピソードがあるかもしれない。歴史という大きな川の流れだけでなく、その下にある伏流水を探しあてたい―。二人はそんな考えを抱いていた。
 闘争を振り返る締めくくりには地域共生担当のNAA専務の伊藤斉さんと石毛博道さんに登場してもらった。かつては仇敵同士だったが、今では地域と空港の共生共栄を盛んに議論しあう仲である。
 対談後、前原誠司・国土交通大臣の「羽田ハブ化」発言で地元は大いに揺れた。対談で伊藤さん、石毛さんが触れていたように東峰地区には今もなお反対派農家2戸が暮らしている。成田空港問題はまだ、完全に終わったわけではない。・・・・著者「あとがき」より


 朝日新聞千葉版に2008年2月5日〜4月24日に連載されたものの単行本(新書判)です。巻末に成田空港小史を付しました。本は出来上がっております。よろしくお願いします。

 
新刊案内です。
2010/03/19

 4月上旬刊行のふるさと文庫新刊です。


 *書名 小弓公方足利義明(おゆみくぼう・あしかがよしあき)
     ―関東足利氏の正嫡争いと房総諸士
 *著者 千野原靖方
 *定価 1260円(本体1200円+税)
 *判型 新書判・ふるさと文庫197
 *頁  176ページ
 *コード ISBN978-4-8455-0197-7
 *内容 十六世紀前半、古河公方足利政氏と嫡子高基(初名高氏)の政治的対立は、やがて高基と弟義明の関東足利氏の正嫡争いの抗争へと変移したが、この公方家の内紛は上杉氏ら関東諸士を巻き込んで展開される。(中略)本書では、房総で勢力を伸張し地域権力として君臨した小弓公方足利義明について、その生い立ちから滅亡に到るまでの歴史過程を、真里谷武田氏・里見氏・正木氏・北条氏・千葉氏・原氏など周辺の諸領主層並びに御所近臣らの動向と絡めてその全容を素描した。また、義明滅亡後のその遺児らについても聊か言及した。・・・・「はじめに」より


 前著『戦国房総人名辞典』で江湖の読者をうならせた在野の関東中世史の研究家・千野原靖方さんによる新著です。よろしくお願いします。
 
春です。
2010/03/05

 サクラの開花予想も出て、春の到来です。近年にない寒さのあとだけに、心身ともに軽くなりますね。そんな季節向けに新刊のご案内をいたします。


 *書名 ポケット版 楽しい東葛ウオーク事典
 *著者 流山市立博物館友の会編著
 *定価 1785円(本体1700円+税)
 *判型 全書判
 *頁  240頁
 *コード ISBN978-4-8455-1157-0
 *内容 昨年「東葛流山研究」としてAB判で出版され、好評を博した本のポケット判です。編著者代表・山本鉱太郎さんの「まえがき」から引用します。
 

・・・昨今、旧街道歩きが盛んで、東海道や木曾街道、水戸街道、奥の細道などを歩く人がたいへん多くなった。街道の歴史や文学や民俗を学びながら知的に歩く、これはたいへんいいことである。そこで私たちも東葛地方のウオーク事典を出版しようと、二〇数名のスタッフが手分けしてつぶさに踏査し、一年かけてようやく楽しい本を作り上げることができた。この本片手に歩けば、きっと何かいい発見や収穫があり、今までに増して歴史や地理、文学にも興味が湧くはずである。実はこの本は半年前に友の会の会員用として作成されたが、あまりに評判がよいので、今回市販用として携帯便利な新版を出すことになった。楽しいカットや地図、写真も豊富なので、きっと喜んで頂けると思っている・・・。

 

主なコースを紹介しましょう。
@関宿を歩くー関根名人と鈴木貫太郎のふるさと A醤油の香り漂う野田を歩くー茂木本家美術館と清水公園 B利根運河を歩くー運河開削のドラマに思いをはせる Cみりんの町流山を歩くー小林一茶や近藤勇の来た町・・・F鉄道ファン、流鉄ぞいに歩くー車体を眺めながらの歴史散歩・・・H寅さんの柴又から松戸を歩くー矢切の川風に吹かれながら・・・K手賀沼一周を楽しむー鳥の博物館から明治の教会へ・・・Q小林一茶句碑めぐりー小林一茶の第二のふるさと東葛
 

以上、全部で18コース。大体のコースが半日で歩けますが、コースによっては何日かに分けて楽しまれるのも一興でしょう。3月20日過ぎに店頭に並びます。どうぞよろしくお願いします。
 

 
Olive Diary DX Ver1.0