最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
第28回東葛出版懇話会へのお誘い。
2011/10/25

 秋たけなわとなりました。大震災後、七ヶ月が過ぎました。皆様いかがおすごしでしょうか。
 一年ぶりになりました。今回の講演会は茨城大学大学院教授小泉晋弥
氏をお招きし「岡倉天心と六角堂再建」というテーマでお話いただきます。天心は2013年に“生誕150年・没後100年”を迎えます。これを機に天心の業績の再評価をはじめ、映画化から展覧会の予定もあります。3・11驚愕の大震災の津波で、北茨城市五浦の天心ゆかりの六角堂が流失しましたが、今年度内に再建されることが決定しました。小泉教授には、天心の生い立ちから美術学校の創設、五浦での美術運動等、併せて六角堂復元に向け、未公開の映像も披瀝しつつ、天心の思い描いた世界を語っていただきます。さて、今回、下記のように開催曜日、時間などを変更致します。皆様にとってよりご参加しやすくなっていれば幸いです。

         記
 日時:平成23年11月20日(日)午後2時〜4時(受付1時30分)
 会場:柏駅東口 スタジオ・ウー(рO4−7164−9651)
 会費:3,000円(領収証発行・コーヒーなどワンドリンク付き)
 講師:小泉晋弥氏(茨城大学大学院教授・日本近現代美術史)
 演題:岡倉天心と六角堂再建


以上、ご案内文からの再録です。ご参加は予約制です。小社が事務局ですのでご希望の方はご一報お願いいたします。
 
新刊『船橋の歴史散歩』。
2011/01/18

 冬晴れの日々です(乾燥した晴天は関東のみで、例年にない大雪に悩まされている列島各地の皆さんにはお見舞い申し上げます)。小社の位置は下総台地北部の西縁にあり、出勤時には東京の市街地を見おろすことができます。この天気で連日、遠くに丹沢・秩父の連山と真っ白な富士山、新宿の高層ビル群、そして手前左手に東京スカイツリー(大体20キロメートル位の距離でしょうか)を眺めることが出来ます。毎朝のことですが、身が引き締まる光景です。さて、新刊を紹介いたします。


 *書名  船橋の歴史散歩
 *編著者 宮原武夫
 *定価  2000円(本体1905円+税)
 *判型  A5判
 *ページ 314ページ
 *コード ISBN978-4-8455-1165-5
 *内容  目次より(抜粋)
      第一部 一 原始・古代の船橋
          二 中世の船橋
          三 近世の船橋
          四 近代の船橋
          五 現代の船橋
      第二部 一 船橋の宿場町を歩くー船橋駅から東船橋へ
          二 船橋塩田の昔と今ー船橋駅から海神駅へ
          三 戦争と平和を石に刻んだ村ー船橋駅
          四 弘法伝説と富士山信仰の跡ー海神駅から西船橋駅へ
          五 古代から引き継ぐ葛飾の地名ー西船橋駅
          (略)
          七 文明開化の道・木下街道ー船橋法典駅から馬込沢駅へ
          (略)
          一二 近代の開拓農民の歴史ー滝不動駅
          一三 三咲の開墾の歴史ー三咲駅
      第三部 船橋の民間信仰
          一 庚申講 二 念仏講 三 出羽三山講 四 富士講 五 四国八十八か所巡礼 六 馬頭観世音 七 稲荷信仰 八 六地蔵 九 石祠 一〇 廻国塔 一一 筆子塚 一二 狛犬の歴史
      第四部 自由研究「地域の歴史」
          一 船橋の昔探し
          二 研究テーマを決める
          三 自由研究の意味

 
 以上です。2月上旬の刊行です。よろしくお願いします。
 
新刊『流山産業人国記』。
2010/10/25

 秋が深まっていきます。近郊の街路樹も少しづつ色づき始めました。久々に新刊をご紹介いたします。

 
 *書名 流山産業人国記
 *著者 山本文男
 *定価 3990円(本体3800円+税)
 *判型 A5判上製
 *頁  388ページ
 *コード ISBN978-4-8455-1162-4
 *内容 流山の産業史を繙くと、昭和時代(1926〜1989)に流山で誕生し、時代をリードした企業家が多数存在する。エジソンのような発明家を「エッグヘッド」というが、時代の要請に応え、新製品の発明、開発に努めたフクバデンタル(株)の福場博、松田合板工業(株)の松田英治郎、三幸工業(株)の洞下照夫・菊夫・実の三兄弟、(株)ファンケル美容研究所の池森政治は、まさに流山版「エッグヘッド」と言える。
 流山産業史の金字塔は、平成三年五月三十一日、新川耕地の一角、約三万坪の一級農地に造成された「流山工業団地協同組合」であることは言うまでもない。急激な人口増による住工混在に悩んでいた市内中小事業所二十五社が、流山市中小企業工業団地協同組合を結成、岩佐光章理事長を先頭に、「築こう人の和、目指そう日本一の工業団地」を合言葉に、行政・商工会・工業団地協同組合が三位一体となり、一致団結して夢の流山工業団地を造り上げた経緯も、流山産業史に特筆すべきものと言える。(以下略)―著者「はじめに」より

 
地方都市「流山」で起業したエッグヘッドたちが血と汗と涙で、一時代を流山で築いた物語。上記以外にも多数の企業を取り上げ、地方都市の文化を担った産業人魂を綿密な取材で丁寧に描いています。閉塞した時代に活を入れる一冊です。本は出来上がっております。よろしくお願いします。

 
Olive Diary DX Ver1.0