最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
これぞプロの言葉。
2007/05/21

 5月12日、カズ(私はサッカー選手をこう呼ぶのが恥ずかしいタイプの人間でありますが、今回は思い切ってこう呼ばせていただきました)の放ったシュートが弧を描いて相手GKの頭上を越えてゴール!おお、これがJ1・日本人最年長の記念すべきゴールとなったわけですね。と、その直後、来るべき参議院選挙に、ある政党の候補要請者としてカズ選手の名前が出ました。引退するのか、はたまた現役を続行しながら政治活動もするのか、などと思っていたら、カズ選手のこんなコメントが報道されたのです。

 「僕はサッカー選手だから。政治のことはわからない」「相手があることなので、その場では断らなかったが、考える時間が必要ということではなく、判断はまったく迷わなかった」「業種は関係なく、政治に興味のあるある人はやればいい」「でも僕はサッカーが仕事」(朝日新聞・スポーツ面より引用)

 いやー、すごいな。短いコメントの中に、この知性あふれる言葉のカズ・カズ。この人は何者なんでしょうか?

 
 などと思っていたところ、当地域の宅配・朝日新聞に折り込まれている「朝日れすか」紙・5月20日号に、カズ選手のウナラサレル場面に遭遇した柏支局の記者さんのコラムが掲載されておりました。「キーボード」という欄です。「キング・カズ」というタイトルです。
 「この人は、すごい!心の中でうなった。・・・・」
 と、あまり引用が過ぎると著作権の問題がありますので出来ませんが、昨年10月の柏レイソルと横浜FC(当時は両チームともJ2でしたね)での目撃シーンに触れた記事なのです。目立たない場所でのカズ選手のアクション。うーん、これが真のプロというものか、カズ選手の人徳というものか、と思わせられます。是非、読んで見てください。
 
緑濃き5月に。
2007/05/07

 ツツジが満開、そして雨の多かった季節のせいかミズキの大ぶりな白花が目立ちます。あんまり綺麗な花とは言われないのでしょうが、木の高いところに咲く花の生命力に親近を感じます。著しい開発が進んでいる当地域ですが、まだまだ健在の遠近の緑に慰められますね。
 
 さて最近の読書は如何でしょうか。小生は遅ればせながら、しかし間に合って良かったといいましょうか、永井荷風の『断腸亭日乗』(岩波文庫・摘録・上下・磯田光一編)を読みました。本の感想などは十人十色、さりながらこれはスゴイとしか言いようがありませんでした。一言付け加えるならば小生は、あたかも同時代人の日記を読んでいるような気分でありました。この辺はもう少し突き詰める必要があるでしょうが。勢い余って十年前に購入した半藤一利さんの『永井荷風の昭和』を見つけ出しました。本は買っておくべきですね。いつか生き返ります(?)。これは『日乗』に即した半藤節なので、引用の箇所などに自分の印象と一致したところがあったりすると思わず力が入りました。岩波文庫版は当時急逝した磯田さんの最期の仕事なのですね。また磯田さんと半藤さんは同級生であったとのこと。緑濃き5月の読書でした。


 この連休中、ホームページとメールが不調だったようです。本のご注文などで行き違いがありましたらお許し下さい。回復していますの改めてよろしくお願いいたします。
 
『川魚図志』のこと。
2007/04/05

 数日、寒気団の南下があって満開のソメイヨシノも持ちこたえ、久々の青空に映えています。外回りの仕事をしていると、桜の樹木の多さに改めて気づきます。流山から野田方面を走りましたら、利根運河沿いの並木が見事でした。そして本日の白眉は、ご住職を訪ねた流山・光明院(小林一茶の句碑でも有名です)で見た「八重紅枝垂桜」でした。静かな境内で満開の枝垂の下に入ると別世界の心地になります。週末まで大丈夫でしょう。是非訪ねて見て下さい。


 さて発売されたばかりの月刊「現代」5月号で、タイトルの小社の本が紹介されました。「ちょっと古い本の店」という欄。見開き2ページの長文の原稿です。筆者は旅と書評の名人・池内紀さんです。旅の途中でしょうか、銚子の駅前通りの書店(おそらく梶木書店さんでありましょう)で発見していただいたようなのです。なんの気なしに手をとって、つぎに「おっ」と息を呑んだ、と書かれています。こちらも、おっ!でした。これから後は…是非書店さんで手に入れてお読みいただきたいと思います。書名は「かわうおずし」と読みます。帯の宣伝文句は「利根川中下流域五川三沼の魚族と漁法・つり秘伝・漁具の作り方・船のこぎ方・川魚料理…など。聞き書きと図版でまとめた川魚百科」です。図版や写真も本文に沢山入っています。全書判・400ページ・定価1800円です。
 池内さんは最後にこんなことを書いてくれました。「小さな出版社から出た隠れた名著―いや、そうではない。名著には違いないが、ちゃんと増補改訂版が刷りをかさねている。そのことがまたうれしい。坂東太郎の気の好い贈り物である。」と。担当した編集も、そして著者の芦原修二さん(「短説」という文学活動を主宰されています)も大感激でありました。一本の書評でなんかウキウキした気分になってしまいました。池内さん、月刊「現代」さん、ありがとうございました。
 というわけですが、現在、在庫が僅少状態になっています。一部書店さんには委託で置いてもらっております。いずれにしてもまた近々重版したいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いします。
Olive Diary DX Ver1.0