最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/03/16

ようやく春の到来です。新刊をご紹介いたします。


*書名 成田の歴史小話百九十話
*著者 小倉 博
*判型 四六判並製
*頁 268ページ
*定価 本体2500円+税
*コード ISBN978-4-8455-1196-9

*内容紹介 目次より
一 成田山と門前町成田
成田山あれこれ 成田山霊験談 門前町のこと
二 近世の成田
歴史の一こま 江戸時代の裁判
三 近現代の成田
成田の交通機関 成田の学校 成田を語る
四 市川団十郎と成田山
市川団十郎の出自 初代団十郎〜八代目団十郎
五 成田街道
江戸時代の旅 成田街道 成田道中膝栗毛
六 神に祈り仏に願う
神さま 仏さま
七 石造物を尋ねて
信仰による石仏 さまざまな記念碑 松尾芭蕉の句碑
八 くらしと口頭伝承
年中行事 伝説に親しむ 巨人怪物伝説 笑い話
九 口から口へ

上記目次に順じて190のテーマをコラムでつづる成田エリア再発見の労作です。本は出来上がっております。よろしくお願いいたします。

 
新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2015/01/23

新刊のご案内です。

*書名 おゆみ野の歴史・風土とくらし
ー親子で親しむふるさと物語ー
*著者 鈴木 毅
*判型 A5並製
*頁 224ページ
*定価 本体2000円+税
*コード ISBN978-4-8455-1195-2
*内容 ・・・「はじめに」より
この本の狙いは普通の歴史書とするのではなく、人々の暮らしを中心に据え、一応大昔から初めてはいますが、重点はおゆみ野の街が開発される少し前の自然環境と、その中での人々の生活に置きました。それはそのころの人々が、周りの自然に合わせ、自然を守りながら、人々の和を大切にする生活をしていたこと、それがどのようにして現在のように変化していったかを知ってもらい、そのような土台の上で、改めて現在のおゆみ野の生活を見つめてもらいたいと思ったからです。

<目次>より
第一章 おゆみ野の古き昔をたずねて
第二章 おゆみ野とその周辺の自然
第三章 人々の生活
第四章 子どもの生活

・・・「あとがき」より
今(平成二六年)のおゆみ野の子どもたちは、ずっと以前から現在のおゆみ野の街があったと思っているようです。それだけこの街も歳月を経てきました。でも「おゆみ野ってどんなところだったのかな」ということを知ってもらえれば、よりこの地に愛着を抱いてもらえるのではないでしょうか。


本は出来上がっております。よろしくお願いします。
 
新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/30

11月上旬刊行予定の紹介です。


*書名 おひとりさま 荷風
*著者 高山修一
*判型 新書判・ふるさと文庫211
*頁 148ページ
*定価 本体1200円+税
*コード ISBN978-4-8455-0211-0
*内容
荷風は多分長生きし過ぎたのだろう。あるいは少しばかり生きた時代が早すぎたのかもしれない

狷介孤高の作家、永井荷風が京成八幡近くの自宅で血反吐を吐き、最期を看取る人もないまま死んでいるのが見つかって半世紀余。昭和二十一年から十三年間、市川で暮らし、七十九歳だった。
・・・老いの日々をどう生き、どう終末を迎えるか。荷風の生き方と死は、高齢化社会のまっただ中にある我々にそれを問いかけているようである。(本書より)


よろしくお願いします。

Olive Diary DX Ver1.0