最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/19

 作家永井荷風は、終戦直後の1946(昭和21)年1月から十三年余りを市川市内で暮らし、ここを終焉の地とした。晩年を過ごしたこの地でどんな暮らしをし、その姿は市民や身近な人々の目にどう映ったのだろうか。
 市川市は、平成十五年度に「永井荷風ー荷風が生きた市川」展を開催、会場で荷風についての証言を市民はじめ来場者から広く募り、約三十人から証言、思い出などが寄せられた。それぞれ荷風に会ったこと、姿を見た記憶を大事にしており、荷風の存在が特別なものであり、誇りにしていることを感じさせた。
 個人主義を貫き、時には奇人と評され、老いの身で独りひょうひょうと暮らししてきたように思われてきたが、実は多くの人たちに支えられた生活であり、それぞれ接した人たちに見方の違いから、多面的な荷風像が生まれてきたようだ、と著者は言う。
 本書にはこの「荷風展」での故井上ひさし氏の記念講演「私の見た荷風先生」を収録する。



 *書名 荷風晩年と市川
 *著者 橋本敏男
 *判型 新書判・ふるさと文庫202
 *頁  220ページ
 *定価 1365円(本体1300+税)
 *コード ISBN978-4-8455-0202-8

 著者は元読売新聞記者、主に婦人部(現・生活情報部)で教育・子供に関する問題を担当。著書に『増補 荷風のいた街』(ウエッジ文庫)、『幸田家のしつけ』(平凡社新書)などがある。
 5月初旬に出来上がります。よろしくお願いします。


 お知らせ:「第4回・市川荷風忌」が5月3日(木)14時〜16時30分、市川市文学プラザで開催されます。お問い合わせは電話 047−320−3354 までどうぞ。
 
4月の新刊。
2012/04/06

 千葉の桜も満開が近づきました。昨年の今頃は花を賞する気持ちはとても持てませんでした。今年はどうでしょうか?無常感漂う中、花への想いは一層強まっている気配もありますが。


 小社の「ふるさと文庫」シリーズは昨年、節目の200点を達成しましたが初心にかえっての201号が発行されます。ご愛読よろしくお願いします。


 *書名 早川雪洲ー房総が生んだ国際俳優
 *著者 大場俊雄
 *定価 1365円(本体1300円+税)
 *判型 新書判(ふるさと文庫bQ01)
 *頁  184ページ
 *コード ISBN978-4-8455-0201-1
 *内容紹介:早川金太郎が、長じて映画、舞台俳優になった早川雪洲だ。金太郎は、明治四十年(1907)、房総半島先端に近いただの漁村からアメリカへ渡った。入学したシカゴ大学での受講も一年余でやめてしまい、日本から持っていった大金三百ドルを使い果たし、職業も定まらず、金太郎の生活は苦しかった。そんな中にあっても、なんとか成功したいという熱意を持ち続けた。大正二年(一九一三)、その努力と才能によってハリウッド映画界に入り、活路を開いた。Sessue Hayakawa早川雪洲という芸名でハリウッド無声映画に出演を重ねた。
 大正四年(一九一五)、米国で封切られた映画「ザ チート」ではアメリカ婦人の白い柔肌に焼きごてを押す残忍な日本人役を冷酷非情に演じた。同胞から売国奴、国賊とののしられた。日本人や中国人に扮しエキゾチック(異国的)な演技をする雪洲の人気は「ザ チート」によって米国で一躍あがり、次々と映画に出演し、ついにハリウッド映画スターに駈けのぼった。・・・・本書より
 

 映画「戦場にかける橋」でアカデミー助演男優賞候補に選ばれた名優の足どりを実地調査と新資料によって明らかにする力作です。4月中旬の発売になります。
 
新刊案内・『房総文学散歩』
2011/12/06

 毎日新聞千葉版に連載された「房総文学散歩」が一冊になりました。12月下旬の発行です。よろしくお願いします。

 
 *書名 『房総文学散歩ー描かれた作品と風土』
 *著者 毎日新聞千葉支局編著
 *定価 1365円(本体1300円+税)
 *判型 全書判
 *頁  208頁
 *コード ISBN978-4-8455-1171-6
 *内容 船橋と太宰治・船橋と川端康成・船橋と村上春樹・万葉集と市川・市川と永井荷風・市川と井上ひさし・千葉市と中原中也・有島武郎と千葉神社・島尾敏雄と佐倉・佐倉宗吾と成田・茂原と徳富蘆花・吉行淳之介と佐原・光太郎と銚子・市原と更級日記・木更津とお富・木更津と野口雨情・三島由紀夫と木更津・富津市小久保と藤村・館山と八犬伝・鴨川と鈴木真砂女・石井桃子と勝浦・御宿と「月の砂漠」・いすみ市と鴎外・半島縦断と子規・一宮と芥川・山武市と斎藤信夫・九十九里浜と松本清張・飯岡と子母澤寛・北総と一茶・松戸と伊藤左千夫・松戸と与謝野晶子・司馬遼太郎と松戸・野田と漱石・野田と小津安二郎・野田と宮本常一・我孫子市布佐と柳田国男・我孫子と志賀直哉・実篤と我孫子・我孫子と杉村楚人冠
Olive Diary DX Ver1.0