最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/10/23

 *書名 筑波山と山岳信仰[改訂新版]
      ー講集団の成立と展開
 *著者 西海賢二
 *判型 新書判 ふるさと文庫93
 *頁  172頁
 *定価 1365円(本体1300円+税)
 *コード ISBN978-4-8455-0093-2
 
 *内容 山岳信仰は日本の社会において単に民俗宗教(民間信仰)という領域にととまらず、宗教全般にわたって重要な位置を占めている。
 山岳に対して人々は古来から神秘感をいだいたり農耕生活の基本をなす水分(みくまり)の神を祀ったり、死後、祖霊の棲む他界とするなど、さまざまな観念を持続してきた。こうした信仰形態は民俗宗教のなかに普遍的に認めることができる。さらに日本の山岳信仰のなかできわだった特徴は、修験道が形成されたことで、多かれ少なかれ影響のなかった山岳はなかったといっても過言でない。俗人にとって山岳は元来入山することは容易でなく、山岳に鎮座する「カミ」を山麓で遙拝したりする存在であった。しかし、修験者(山伏)や行者などによる宗教的職能者によって山岳は修行の拠点として組織化され、山中には多くの社寺が造営され、俗人が立入ることができなかった対象から、登拝もしくは参詣することができる対象に変化してきたのである。
 江戸時代の中ごろになると在俗の人々が講をつくって九州の英彦山・四国の石鎚山・近畿地方の大峰・中部地方の木曾御嶽山・同富士山・関東地方の大山・同筑波山・東北地方の出羽三山・岩木山などの山岳に登拝するようになっていった。
 本書では筆者が一九七〇年から土浦藩領を中心として、近世の村落構造の一端であった五人組制度の研究の延長線上で確認することができた茨城県の桜川流域の筑波講(大同講・大当講)や蚕影山をめぐる蚕影講の地域的な展開を素描してみたい。・・・「改訂新版・はじめに」より


 11月中旬の発行予定です。よろしくお願いします。

 
新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/06/06

★著者からのメッセージ・・・

 
 野田市にあるキッコーマンの前身、野田醤油株式会社では昭和2年9月から昭和3年4月まで217日間という戦前最長のストライキが発生しました。ストライキは市街戦へと発展し、会社側と労働者側に町民は分裂して、毎日のように傷害事件や、放火、建物の損壊などが発生した悲惨な争議は、副団長堀越の昭和天皇への直訴という衝撃的な形で終末を迎えます。
 当時の野田町に全国の注目が集まり、全国各地から作家、社会活動家、ジャーナリストが集まった東葛飾地域にとって大変重要な出来事だったと思います。
 ところが、野田争議の原因や歴史的な意義について書かれたものは、東大総長だった大河内一男氏による『暗い谷間の労働運動』(中公新書)などごくわずかであり、地元である東葛飾地域でも今まで十分に検証されずに80年以上の長い年月が経過しました。
 発生した数々の事件の悲惨さに目を奪われたのと、争議の関係者が存命だったため、地元の歴史家も遠慮していたのではないかと推測されます。
 しかし近年、争議の調停役を務めた渋沢栄一や協調会の役割について、法政大学大原社会問題研究所を中心に新たな研究が進められてきました。
 また、労働者側である総同盟、特に中心になって活躍した労働運動家松岡駒吉については、港区芝の日本労働会館内にある「友愛労働歴史館」によって、歴史的事実の掘り起こしが進んでいます。
 これらの研究成果をベースに、改めて組合結成時から昭和3年4月まで、野田労働争議全体を俯瞰してみると、それまで「タブー視」されていた野田争議のイメージとは違う「東葛飾地域にとって誇りうる歴史ドラマ」という側面も理解できるようになりました。・・・・・


 ・書名 ぼくたちの野田争議
     ー忘れられた労働運動家松岡駒吉と野田労働争議
 ・著者 石井一彦
 ・判型 新書判 ふるさと文庫203
 ・頁  196ページ
 ・定価 1360円(本体1300円+税)
 ・コード ISBN978-4-8455-0203-5

 著者は1957年生まれの週末文筆家。会社員生活のかたわら那須高原でのセルフビルド体験記を建築雑誌「群居」に連載したのを皮切りにジャンルや媒体を問わず執筆活動を開始。東京産業考古学会、流山市立博物館友の会に所属。本書がデビュー作である。


 本は出来上がっております。ご一読よろしくお願いします。
 

 
東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/05/29

 第29回を迎えた東葛出版懇話会へのご案内です。どなたでも参加できます。お問い合わせは事務局の崙書房出版へお願いします。

 
 江戸期、馬の産地だった下総東葛地方がすっかり住宅・工場で埋めつくされて来ました。不動産屋と役人は地面に線を引き、勝手に土地に名前をつけてしまい、もとの地名は消されてしまいました。流山の平和台は平和不動産の名を残しています。恐れを知らぬ所行です。
 昨年の大地震では我孫子の布佐あたりでは水が吹き出てしまい、浦安ではいたるところ家が傾きました。こうした危ない土地には地名に災害の履歴が刻み込まれています。桜島にも普賢岳にも噴火が裂けるイメージがこめられています。今回は下総とくに東葛地方の危ない地名に刻まれたメッセージを地名研究の第一人者・楠原佑介氏にお話いただきます。地名を知らずして新しく家を建てるなかれ。たくさんのお出でをお待ちしています。なお、今回も日曜日の午後の開催、そして会場は松戸駅前になっております。
           記
 日時:平成24年6月17日(日)午後2時〜4時(受付1時半)
 会場:松戸駅東口・ニュートーキョーイベントホール
 会費:3,000円(領収証発行・ワンドリンク付き)
 講師:楠原佑介氏(地名情報資料室・地名110番主宰)
 演題:「この地名が危ないー下総の災害地名」

 ★二次会は希望者に別途ご案内
Olive Diary DX Ver1.0