最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
新刊案内『房総人物伝』
2013/02/07

立春を過ぎて少しずつ春の気配です。新刊をご紹介します。


 *書名 房総人物伝−千葉ゆかりの先覚者たち
 *著者 川村 優
 *判型 A5判並製
 *頁  268頁
 *定価 2940円(本体2800円+税)
 *コード ISBN978-4-8455-1183-9
 *内容 取り上げた人物34名。青木昆陽、麻生磯次、石井菊次郎、石川倉次、石田幹之助、市川団十郎、伊藤音次郎、鵜澤総明、大原幽学、荻生そらい(漢字)、香川松石、柏戸留吉、加納金助、佐久間惣治郎、佐倉惣五郎、佐藤泰然、佐藤信淵、柴原和、白鳥庫吉、杉野芳子、杉本郁太郎、武本為訓、千葉常胤、血脇守之助、津田梅子、恒松恭助、中村古峡、西村勝三、西村茂樹、花岡和夫、藤代禎輔、堀田正睦、宮原立太郎、森川重俊。
 本書は、千葉市文化振興財団発行の『カルチャー千葉』第十一号(1987)から第四十五号(2004)に至る間、歴史風土記として千葉のユニークなる先覚三十四名の業績を逐一紹介掲載した記載内容を、一括一本にまとめたものです。著者は郷土史、地方史の第一人者で現在、日本村落自治史料調査研究所を主宰しています。


 2月中旬の発行です。よろしくお願いします。
 

 
新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/12/05

  *書名 三枝俊徳日記
  *著者 三枝一雄編 三浦茂一監修 中澤惠子翻刻
  *判型 A5判並製
  *頁  248頁
  *定価 2940円(本体2800円+税)
  *コード ISBN978-4-8455-1179-2
  *内容 三枝俊徳は、江戸時代末期から明治にかけて活躍した、上総国佐貫藩の藩医である。文政六年(一八二三)六月十日、同藩医であった父俊徳の長子として生まれ、天保十四年(一八四三)父の死後、家業を継ぎ、襲名して俊徳と名乗った。
 廃藩置県、千葉県成立以後においても、俊徳は地域医療の重鎮として活躍、第三大区取締所や佐貫区裁判所の医事御用掛、また佐貫監獄医雇、検疫所雇などを歴任し、天然痘の流行に対策を提言し、その予防・治療に献身するするなど、大いに奮闘した。その中で後事を託すべき子息を始め、弟子たちの育成に心を配った。明治三十九年(一九〇六)十月七日に死去した。享年八四。(「序」より)


 本書に収められている史料は、「明治廿五年第一月 七十齢染渓 三枝俊徳 誌」と三枝俊徳が記した(1)[三枝俊徳日記(その一)]と、同じく俊徳の文字で「明治三十五年十一月 在病床記 三枝俊徳」と書かれている(2)[三枝俊徳日記(その二)]の二点である。
 日記というよりも、幕末・明治に活躍した医師の記録であるが、既に「三枝俊徳日記」として広く知られている史料であるため、ここでも「三枝俊徳日記」と題した。(「解題」より)


 本書は既に刊行中です。よろしくお願いいたします。
 
新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/25

  *書名 月山 山菜の記
  *著者 芳賀竹志
  *判型 A5判並製
  *頁  256頁・オールカラー
  *定価 2100円(本体2000円+税)
  *コード ISBN978-4-8455-1180-8

  *内容 山菜を通して山伏伝来の食をはじめ月山の秘められた世界を頂上小屋主人の芳賀竹志氏がその魅力の全てを綴ります。
 ・渦巻姿の踊り子たち(クサソテツ・キヨタキシダ)・湿崖はウリッパの砦(オオバギボウシ)・ブナ林にウド林・芋の木・山五加/たらんぼ・野兎からのシグナル(コシアブラ)・谷間育ちのスパイス(ユリワサビ)・子供遊戯の隠れん坊(ワラビ)・山伏秘伝の青物(カラマツソウ)・山菜の女王(シオデ)・古銭が語源の山菜(ゼンマイ)・湧水に煌めく面々(モミジガサ)・行者とは無縁の青物(ギョウジャニンニク)・蓼食う虫も好きずき(オオイタドリ)・月山筍(チシマザサ)・高根の花に似て(ヤマトユキザサ)・野生動物たちの人気の的(ヤマブドウ)・黄葉のイルミネーション(ジネンジョ)・山親父(ツキノワグマ)・きのこの森365日・清流の君主(イワナ)などなど。


11月中旬の発売です。よろしくお願いします。
Olive Diary DX Ver1.0