最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
新刊案内『福田村事件』
2013/07/11

 早めの梅雨明け。そしていきなりの猛暑です。どうぞお身体気をつけて下さい。7月の新刊をご紹介いたします。


 *書名 福田村事件 関東大震災・知られざる悲劇
 *著者 辻野弥生
 *判型 新書判・ふるさと文庫206
 *頁  164頁
 *定価 1260円(本体1200円+税)
 *コード ISBN978-4-8455-0206-6
 *内容 関東大震災直後の大正12年9月6日、利根川縁の千葉県福田村三ツ堀で香川の売薬行商人一行十五名が自警団に囲まれ、うち十名が殺害された。関東大震災における「朝鮮人虐殺」という信じがたい惨劇。流言蜚語のもと千葉県でも多くの朝鮮人がいわれなく殺害された。そして混乱の中では中国人や日本人も殺された。著者が千葉県の虐殺事件を調べるなかで出会った痛ましい事件が福田村事件である。関東大震災から九〇年、当時の様子を語れる人は無にひとしい。著者はこの事件の驚きと衝撃を教訓にし、記録にとどめて後世に伝えたいという一心で重いテーマに取り組む。


 中旬に出来上がります。よろしくお願いいたします。
 
新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/05/24

 関東地方は梅雨入り前の好天が続いています。5月末刊行の新刊のご案内をいたします。


 *書名 コウノトリの舞うまでに
      ーガン・ツル・コウノトリに見る野田の自然史ー
 *著者 新保國弘
 *判型 新書判・ふるさと文庫bQ05
 *頁  204頁
 *定価 1365円(本体1300円+税)
 *コード ISBN978-4-8455-0205-9
 *内容 コウノトリは、翼を広げると二メートルにもなる白くて尻黒(風切羽が黒色)の大きな鳥である。江戸時代には全国各地で生息していた。江戸でいえば、上野の中堂、不忍池、浅草の浅草寺、築地本願寺、青山の長谷寺、蔵前の西福寺、猿江の重願寺、本所の五百羅漢寺、亀戸天神、葛飾木下薬師浄光寺や葛西などに巣をつくっていた。
 水田や水路、河川浅瀬などでエサをとるコウノトリは、カエル、オタマジャクシ、ドジョウ、フナ、エビ、ザリガニ、タニシから、ヘビ、バッタ、トンボなどまで食べる肉食系の鳥で、水田の生態系ピラミッドの頂点に位置する。巣は松などの高い所に作るのを習性としている。(中略)
 さて、千葉県野田市三ツ堀と瀬戸に跨る江川地区で、平成二四年(二〇一二)一二月四日から、多摩動物園から譲り受けた一つがいのコウノトリの飼育が、近い将来の繁殖、巣立ち、放鳥を目ざして始まった。(中略)
 筆者は野田市からコウノトリの飼育・放鳥を視野に入れた野田市の自然環境歴史調査の依頼を平成二三年、二四年に渡って受けた。調査内容は一任された。野田には、昔、コウノトリがいたのだろうか、仮にコウノトリの記録がないまでも、大型鳥類であるツルやガン(マガンやヒシクイ)は、いつ頃まで、どこに、どのくらい、どのように、いたのかを調べた。加えて、野田の縄文海進時代から近現代までの入江、河川、沼・谷・湿地の消長、貝塚や絵馬、コウノトリに関わる字名等の調査も行った。調査地は、野田に限定せず、流山、柏、我孫子、千葉県及び東京までとした。
 本書の第一章〜第七章は、野田市に提出した歴史調査を元に、新たに書き下ろした「ガン・ツル・コウノトリに見る野田の自然史」である。
・・・・・「はじめに」より


 本は出来上がりました。よろしくお願いいたします。
 
4月新刊『将門と忠常』
2013/03/25

 「お花見」の心の準備が整わないうちにサクラが満開に。慌ただしい世相をなぞるかのようです。態勢を立て直してじっくり観桜したいです。

 
 *書名 将門と忠常 坂東兵乱の展開
 *著者 千野原靖方
 *判型 全書
 *頁  168頁
 *定価 1575円(本体1500円+税)
 *コード ISBN978-4-8455-1176-1
 *内容 中世の幕開けを担う武士が一般的に成立するのは、古代末期の十一世紀半ば以降といわれる。本書で取り上げる古代末期の反乱に登場するのは、武士成立以前の武力であり、それは兵(つわもの)・もののふ・武者などと呼ばれ、一般に使われる武士とは区別しなければならない。平将門・平忠常の乱で活躍するのも、この「兵(つわもの)」といわれる戦闘集団であり、将門時代の武力は、一族親類のほか、従類・伴類などと表現されており、その殆どが農民層及び下人・奴婢らであったとみられ、しかも戦闘の時にのみ徴集されることが多かったのである。本書では第一部でこうした古代的武力を背景にした平将門の乱について、諸史料をもとにその経緯を詳述し、また第二部ではその百年後に起こった平忠常の乱、さらに奥州兵乱を取り上げ、兵から原初的武士団の成立を促したその歴史過程を追った。(本書「はじめに」より)


 4月下旬の刊行予定です。よろしくお願いします。 

Olive Diary DX Ver1.0