最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
新刊案内。
2013/11/25

小春日和が続いていますが、平野部の街路樹もすっかり紅黄葉、冬はもうそこまで来ているようです。今回は房総の古代史をテーマにした新刊を紹介いたします。


 *書名 房総、そして玉浦(武射)をつくった一族 (検証編)
 *著者 金田弘之
 *判型 B6判並製
 *頁  136ページ
 *定価 1575円(本体1500円+税)
 *コード ISBN978-4-8455-1189-1
 *内容 九十九里平野の中央部(山武市)から、奈良時代初期(約一三〇〇年前)の日本有数とされる巨大郡衙(古代政庁)跡が発掘された。のどかな田園風景の地で、往古、一体何が行われたきたのであろうか。弓の弦を連想する九十九里を古代は『玉の浦(玉浦)』と呼称し、平地部にはラグーン(湿地や湖沼)が拡がり、台地との境界には港が存在していた。ある郷土史家から「柴原(木戸川流域)になぜ安房神社が存在するのか?」と疑問があり、また別の民俗史家は「葦の片葉伝承」を紹介する。これらの背景には、弥生時代終末から古墳時代初頭(約一七〇〇年前)にかけて、阿波(徳島)から黒潮に乗り渡ったインベ(斎部、忌部)氏が想定される。・・・・本書より

著者は古代史研究家。山武市在住。


本は出来上がりました。よろしくお願いします。
 
東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/23

秋も後半ですが、台風の連続襲来に悩まされる日々です。週末、どうぞお気をつけて下さい。


第32回目になる東葛出版懇話会のご案内をいたします。

 
 日時:平成25年11月17日(日)午後2時〜4時
 会場:松戸駅東口・ニュートーキョーイベントホール
 会費:3,000円(領収証発行・ワンドリンク付き)
 講師:森達也氏(映画監督・作家)
 演題:罪と罰についての一考察
*講師の森さんからのメッセージ
 三年前にノルウエーの刑事司法の現在を調べるため、現地に行きました。刑務所や裁判所などを訪ね、多くの人に会い、日本とのあまりの違いに衝撃を受けました。一言でいえば、罪と罰の概念がまったく違うのです。まさしくコペルニクスではなくドストエフスキー的な転回です。そんな体験談を下敷きにしながら、現在の日本の治安状況や罪と罰の概念、そして死刑制度の意味とメディアの役割などをお話させてもらいます。


どなたでもご参加いただけますが、会場の準備のため、事務局の小社宛にお申し込みのご連絡をお願いいたします。
 
新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/10/07

 街のあちこちに金木犀の香りが漂って、秋も本番です。11月発行予定の新刊をご紹介いたします。


 *書名 小林一茶なぞ・ふしぎ旅
 *著者 山本鉱太郎
 *判型 四六判並製
 *頁  296ページ
 *定価 2625円(本体2500円+税)
 *コード ISBN978-4-8455-1188-4
 *内容 旅行作家の山本鉱太郎さんが長年の一茶研究の成果を謎と不思議の視点から一冊にまとめました。ここでなぞ・ふしぎの数々を少しご紹介しましょう。

 ・一茶はなぜふるさとを後にした・どうした江戸の職探し・雅号一茶のいわれは・なぜ知り合った流山の秋元双樹・どう努力した一茶の青春時代・なぜ西国に旅立った貧乏俳人・流山に残された「俳諧草稿」とは・なぜおもしろい「七番日記」・なぜ知り合った布川の月船・花嬌は一茶の恋人か・一茶は江戸のどこに住んだか・どう決着する遺産争い・一茶はなぜ超足まめの情報マン・一茶はなぜ江戸を去ったか・馬橋への熱い思いとは・しあわせだったか再々婚のヤヲ・どう評価される「おらが春」・なぜ小動物が多い一茶の句・小便の句も多いその理由・一茶の句はなぜユーモラス・どんな風貌だった小林一茶・何だった一茶の好物・一茶の女性観は・なぜ流山に創設された一茶双樹記念館・・・・


 どうぞご期待下さい。
Olive Diary DX Ver1.0