最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/24

 ふるさと文庫の新刊のご案内です。こちらが前回ご案内した『流山みりん物語』よりも先に刊行されます。


 *書名 新しい小林一茶ー「心の師」は西鶴
 *著者 伊藤 晃
 *判型 新書判・ふるさと文庫208
 *頁  212ページ
 *定価 本体1300円+税
 *コード ISBN978-4-8455-0208-0
 *内容紹介・・・著者「あとがき」より
 ■本書は、長年いろいろ小林一茶を書いてきたぼくの新しい本である。新しい意見や見方も入っている。それで『一茶新論』だ。冒頭の三章は、ぼくなりに把握している「事実的背景」であり、少しは面白いところもあるかもしれない。一茶十五歳での出郷から、ほぼ五十歳ぐらいまでの人生行路の周辺のことだ。第四章からは、大分模様が違う。一茶や一茶文学について、ぼくが最近発見したり、また考えたりしたことなどになる。
 ■本書の主人公一茶が蕉門葛飾派の身にして、突然同門内で反旗を翻した形で造反、「反芭蕉忌」の行動を起こしたことである。ぼくはそれを、『文化句帖』の中に発見した。江戸時代以来ずっと、大方の人びとは見過ごしていたようで、ことによるとぼくは最近での「第一発見者」になるかも知れない。
 ■そして第二の発見は、一茶がただの俳諧師ではなく、小説を書くことをめざしていた人間であったということだ。ぼくが仮に『低い花』と名付けたものをはじめ、作品はいろいろあるし、「松井」などの長逗留の理由もわかった。「心の師」の井原西鶴の姿も早々と浮かんでくる。そこでぼくは、本書の結びの終章を以て、敢えて「一茶と西鶴」とした。一茶と西鶴の関係を、もう一歩踏み込んで見ることによって、第一の発見である一茶の「反芭蕉忌」の真実も正体も、あるいは一層明らかになってくるかと考えたからである。その結果、全体が今までにない一茶論になったかと思っている。


 4月末に発売されます。よろしくお願いします。

 
 
新刊・『流山みりん物語』
2014/04/23

 春爛漫です。新刊のご案内です。

 
 *書名 流山みりん物語
 *著者 川根正教
 *判型 新書判・ふるさと文庫209
 *頁  174ページ
 *定価 本体1200円+税
 *コード ISBN978-4-8455-0209-7
 *内容紹介
 ■みりん(蜜淋酎)という文字がはじめて出てくるのは豊臣秀吉への献上を記した『駒井日記』という文書、文禄二年(一五九三)のことである。当初は甘い酒として飲まれていたみりんは、やがて江戸前料理に必須の調味料のひとつとなる。
 ■みりんといえば流山、流山は江戸時代後期から現在までみりんの産地として名高い。二大ブランド、「万上」(まんじょう)が誕生したのは文化一一年(一八一四)、「天晴」(あっぱれ)も同じ頃。そのみりんは従来のみりんに比べて色が淡いことから「白みりん」と呼ばれる。流山のみりん醸造の歴史を読み解き、みりんと流山の街の多彩な関わりを描く流山みりん物語・

 
 著者は元流山市立博物館館長。流山に「白みりん」が誕生して200年にふさわしい一冊です。5月上旬の刊行です。よろしくお願いします。

 
 
新刊案内・1月
2014/01/15

新しい年が明けました。本年もよろしくお願いいたします。早速ですが昨年末刊行の新刊をご紹介いたします。


 *書名 ノーサイド成田闘争 最後になった社会党オルグ
 *著者 桑折勇一
 *判型 新書判・ふるさと文庫207
 *頁  184ページ
 *定価 1260円(本体1200円+税)
 *コード ISBN978-4-8455-0207-3
 *内容紹介チラシより… 
半世紀におよぶ「成田闘争」ー記憶の風化に抗う渾身のドキュメント
■いま、この時代に「成田闘争」再読・・・
66年7月、羽田空港に替わる新しい東京国際空港の位置が成田市三里塚と芝山町にまたがる区域に閣議決定した。日本社会党は、千葉県本部書記の加瀬勉(当時三十一歳)らをオルグとして芝山町に駐在させた。
■納得できない政策への命がけの反対行動・・・
一期工事中のたび重なる激突で、延べの負傷者は五千人を超え、逮捕者は三千八百人を超えた。管制塔事件などでは多くの服役者も出た。死者は警察官と過激派も含めると計六人に達した。日本国内で大衆が主役のこれほどの規模の内乱は例がない。戦後日本に、納得しない政策にはあくまで反対する人がいて、それを命がけで支援する人がいたことを示していた。権利と民主主義の実験場でもあった。
■「歴史」へ移行させない・・・
久しぶりに加瀬勉さんとあった時、私は「加瀬さんを書くとどうしても敗残記になっちゃうな」と正直に打ち明けた。すると、加瀬さんは少し怒った顔になって「俺を敗残兵と見るのはあんたの勝手だが、闘争に負けたわけではない。現に一人になっても闘争をつづけている」と突っ張った。加瀬さんは日本社会党がとっくに消滅したのに、いまだ政党オルグの衣を捨てられないのだ。


 
 以上です。既に朝日新聞千葉版などでも紹介され反響を呼んでいます、是非ご一読下さい。


Olive Diary DX Ver1.0