最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
二つの講演。
2007/06/15

 夏の水不足が懸念される中、やっと梅雨入り。と、すぐに中休みのような天気回復、この時期としては珍しく富士山が当地流山からも拝めた朝でした。

 
 さて、世紀の変わり目の頃、「第二の敗戦」という言葉が使われた事を思い出します。それは主にバブル崩壊後に延々と続いた経済停滞を指して言われたと思うのですが、今、年金と介護といういわば生活のセーフティネットに関わる分野のシステム不安が発生して、その言葉が蘇った感じがいたします。発覚から深刻な事態への我々(政治責任者から当事者の自分まで)のリアクション振りがその「敗戦」という言葉に現実感を持たせています。

 
 歴史は繰り返す、は至言ですが、この言葉をかみしめざるを得ないとすれば不幸なことでしょう。「文芸春秋」六月号が特集した「昭和の陸軍−なぜ国家を破滅させたのか」を読んでいて、登場人物73人はとても過去の、特別な時代の人物とは思えませんでした。そんな中、この一ヶ月の間にお二人の方の講演を拝聴する機会を得ました。一つは、柏市の麗澤大学で行われた保阪正康氏の「日本人にとっての昭和」の講演、もう一つは先日,この欄でご案内した松戸市での篠田正浩氏の「スパイ・ゾルゲと私」の講演です。規模は違うとはいえ、二つとも用意された会場は満席、その関心の高さに驚きました。そして、小生がお二人のお話を伺って感じたことは、先述した「歴史は繰り返されるのか」に関わることなのですね。勿論、単純な繰り返しではないでしょうが。しかし、次のようなことは起こっています。一つ、情報は隠蔽される。一つ、情報は都合のいいように解釈される。一つ、責任は問われない。一つ、責任は転嫁される。・・・・。

 
 お二人が、地域まで足を運んで熱弁を振るうのは少年時代の戦争体験が原点でしょう。そしてその生涯で取材してきたこと(保阪さんは4,000人の関係者の話をきいているそうです)、表現してきたこと(篠田さんのラスト作品・「ゾルゲ」はライフワークでしょうか)、考えてきたことを後代に伝えることを使命とも思っておられるからではないでしょうか。お二人とも質問に丁寧に答えられることも印象的でした。
 
6月の新刊案内。
2007/06/01

 街路のサツキのピンクが咲きこぼれ、紫陽花も色づきはじめました。梅雨直前ということでしょうか。さて、6月新刊の案内をいたします。


 *書名 一刀流皆伝史
 *著者 千野原靖方(せんのはら・やすかた)
 *判型 新書判・ふるさと文庫188
 *頁  144頁
 *定価 1260円(本体1200円+税)
 *コード ISBN978-4-8455-0188-5
 *紹介 正徳四年(1714)に成立した『武芸小伝』には兵法・射術・馬術・刀術・槍術・砲術・柔術などにわたって一五〇余名に及ぶ武芸者が収録されている。その中に、安房国丸郡御子神村(千葉県南房総市<旧安房郡丸山町>)出身の「神子上典膳忠明」の名がある。徳川家康に仕えて秀忠付の剣術指南となり、「小野次郎右衛門忠明」と名を改めて小野派一刀流の開祖となった人物である。(中略)本書においては、この近世における一刀流の始祖ともいえる小野次郎右衛門忠明について探るが、その前に第一部では忠明の師伊藤一刀斎影久に至る戦国末期にかけての中世刀槍術者らの系譜を辿り、さらに近世初期にかけての刀槍諸流派についても検証しよう。(中略)そして第二部では、この小野次郎右衛門忠明の活動の軌跡を尋ねる。(中略)忠明に関する史料・記録は極めて少ないが、本書ではその出自や師の伊藤一刀斎との出会い、諸国遍歴、仕官、合戦への出陣など、その活動の歴史を可能な限り明らかにしたいと思う。併せて、忠明の子孫や門弟について、近世刀術の継承過程を追及する。(中略)著者は、長く中世東国史を専門に、特に武家政権・地域権力・郷村・流通(水運)・宗教・城郭などの分野で研究・執筆活動を続けてきたが、一方では折に触れて暗に武芸の歴史に興味をもってきた。本書は、その趣味に任せて、一刀流の系譜・武芸史を素描したものである。・・・・・・・・・著者「序」より抜粋


 6月下旬の刊行です。よろしくお願いいたします。
 
東葛出版懇話会のお知らせ。
2007/05/22

 第20回を迎える会です。小社が事務局です。どなたでもご参加いただけますが、予約が必要です。ご興味のある方はご連絡下さい。「お誘い」をお送りいたします。


 <記>
*日時:平成19年6月13日(水)6:30PM
*場所:松戸駅東口イベントホール
*会費:7000円(懇親会費用も含みます・領収証発行)
*講師:篠田正浩氏(映画監督)


以上です。
Olive Diary DX Ver1.0