最新の日記10件

2015/06/24 7月の新刊案内。
2015/06/05 新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/04/21 第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/03/16 新刊『成田の歴史小話百九十話』
2015/01/23 新刊・『おゆみ野の歴史・風土とくらし』
2014/10/30 新刊・『おひとりさま 荷風』
2014/10/27 東葛出版懇話会へのお誘い
2014/09/10 9月の新刊案内。
2014/07/11 新刊案内。
2014/07/11 青木更吉先生講演会
2014/05/20 新刊案内・『近世地域教育の一断面』
2014/04/28 東葛出版懇話会のご案内。
2014/04/24 新刊・『新しい小林一茶』
2014/04/23 新刊・『流山みりん物語』
2014/01/15 新刊案内・1月
2013/11/25 新刊案内。
2013/10/23 東葛出版懇話会のご案内。
2013/10/07 新刊案内『小林一茶なぞ・ふしぎ旅』
2013/07/11 新刊案内『福田村事件』
2013/05/24 新刊案内『コウノトリの舞うまでに』
2013/03/25 4月新刊『将門と忠常』
2013/02/07 新刊案内『房総人物伝』
2012/12/05 新刊案内『三枝俊徳日記』
2012/10/25 新刊案内『月山 山菜の記』
2012/10/23 新刊案内『筑波山と山岳信仰ー改訂新版』
2012/06/06 新刊 「ぼくたちの野田争議」のご案内。
2012/05/29 東葛出版懇話会のお知らせ。
2012/04/19 5月の新刊『荷風晩年と市川』。
2012/04/06 4月の新刊。
2011/12/06 新刊案内・『房総文学散歩』

 
7月の新刊案内。
2015/06/24

各地に大雨を降らせながら梅雨も後半です。7月の上旬発行の新刊をご案内いたします。

*書名 あの時子どもだったわたしたちは・・・
戦後七十年語り継ぐ戦争ー流山からのメッセージ
*著者 「明日も平和であるためにを推進する会」編
*判型 A5判
*頁 376ページ
*定価 本体2000円+税
*コード ISBN978-4-8455-1200-3
*内容
本書「はじめに」から
・・・あの当時(七十数年前)ご自分が何処にいたのかについては多岐に亘っています。本書を「流山からのメッセージ」としましたが、全国的な広がりのある記録を載せることができました。現在十七万人の人口のうち、約十四〜十五万人が戦後他の土地から流山に移り住んだ人たちです。本書には土地の古老からの聞き書きを収録しました。「話者」のご高齢、病気がち、記憶の風化等を考慮すればこれが最後のチャンスだったと思います・・・

本書の内容
・空襲にさらされて
・七十年前、僕たちは少年だった
・七十年前、私たちは少女だった
・引揚げという体験
・流山と戦争
・聞き書き 流山の太平洋戦争

空襲・疎開・引揚げ・・・少年少女たちの記憶が一冊になりました。よろしくお願いします。
 
新刊『房総から広がる潜水器漁業史』
2015/06/05

梅雨入り間近、の気配です。
ふるさと文庫の新刊をご紹介いたします。


*書名 房総から広がる潜水器漁業史
*著者 大場俊雄
*判型 新書判・ふるさと文庫212
*頁 212ページ
*定価 本体1400円+税
*コード ISBN978-4-8455-0212-7
*内容

「あとがき」より
この本は、前著「房総の潜水器漁業史」の続編といってよい。房総いいかえれば千葉県では明治十一(1878)年潜水器がアワビ漁業に使われ始めた。以来、潜水器漁業先達県として潜水器や潜水器漁業と深い関係をもっている。県内で養成された潜水夫が国内外へ出稼ぎしたため、道府県や外国の潜水器漁業に千葉県が否応なく絡んでくるからだ。その実情を追ってきた。(中略)ところで、現在の千葉県における潜水器漁業は、三十九隻の潜水器漁船が許可を受けている富津漁業協同組合は別として、各組合で手広く行われている漁業ではない。潜水器漁船は限られた漁港にしかいない。アサリやナミガイ(商品名シロミル)、バカガイなど内海性二枚貝、ナマコをとるため一日約三十三隻の潜水器漁船が東京湾へ出港している富津以外は、少人数で、ひっそりと人知れずに操業している地味な漁業なのである。富津以外の潜水器漁船は房総半島太平洋側海域でアワビを漁獲する。千葉県潜水器漁業の潜水夫は、みなヘルメット式ゴム衣潜水夫だ。(中略)調査に終わりはない。しかし、いつの日かある段階で取りまとめを決意しない限り、調べた結果はなかなかまとまるのものではない。この思いから、この時点で、これまでの潜水器漁業調査結果の一部を二回目として整理した。(中略)読者の皆様に、ご出身の道府県の海で、かつて、こんなことが起きていたのかを知っていただき、また海なし県の出身者が早くから潜水業に就いていた事実に注目して下さり、潜水器漁業につきご理解を深めてくだされば、著者として大きな喜びである。


本は出来上がっております。よろしくお願いします。


 
第35回東葛出版懇話会へのお誘い
2015/04/21

小社が事務局の会です。どなたでもご参加いただけますが、会場の準備のためご希望の方はご連絡をお願いいたします。


今回の講師には、NHKアナウンサーで「ラジオ深夜便」のアンカーを務める、迎康子氏をお招きします。同番組は多くの深夜リスナーに支持され、充実の一途をたどってきました。今年、放送開始25周年を迎えます。同番組の企画当初から深く関わってきた迎氏に誕生時のエピソードや、「今、ラジオで話すうえで大切にしていること」を中心に語っていただきます。落ち着いた語り口調を持ち味とする氏の語りをお楽しみください。



日時:平成27年5月23日(土)午後2時〜4時(受付1時30分)
会場:松戸駅東口出てすぐ・ニュートーキョーイベントホール
コンビニサンクスの上
会費:3,000円(領収証発行・コーヒーなどワンドリンク付き)
講師:迎康子氏(むかい・やすこ NHK「ラジオ深夜便」アンカー)
演題:「リスナーに語りかけることば」

★懇親会は別途「二次会」を希望する方に当日ご案内します。
事務局 崙書房出版 04(7158)0035 Fax04(7158)2316


Olive Diary DX Ver1.0